伝説のクリエイターたちの軌跡。個が尊重され、大ヒット不在の現代。いま一度、大衆の心を動かした「創り人」の仕事に迫る。シリーズ初回は昭和のCM音楽の巨人・小林亜星。進駐軍のラジオ放送に衝撃を受け、中学生でバンドを結成。ところが酒場に出演していたことが学校にバレ、停学に……。

昭和世代なら小林亜星を知らない人はいないはず・・・・・・たとえ知らなくても日本人なら彼の曲を耳にしたことはあるはずだ
昭和世代なら小林亜星を知らない人はいないはず・・・・・・たとえ知らなくても日本人なら彼の曲を耳にしたことはあるはずだ

■ INDEX
第1回 2019.10.25公開
和製ジャズに心を奪われ、激怒の父にギターを奪われた少年時代
第2回 2019.11.01公開
才気ある友との出会い、バンド再結成、そして放蕩の味を知る
第3回 2019.11.08公開
狼少年ケン、魔法使いサリー 背中押されアニメ音楽へ
第4回 2019.11.15公開
アニメ、CM、歌謡曲 テレビ時代の申し子に未練なし

カフェーで流れる音楽に心を奪われる

 小林亜星が初めて音楽に惹き付けられたのは5歳のときだ。彼の記憶が正しければ、昭和12(1937)年――二・二六事件の翌年、戦争の足音が聞こえてきた頃である。

 小林の父方の叔父は、東京・新宿にある“カフェー”の経営者の娘と結婚していた。カフェーとはコーヒーの他、酒を出す、ホステスのいる店のことだ。「彼女がものすごい美人でね。よくそこにおやじと一緒に遊びに行っていたんですよ」。

 そこで流れていたのが、二村定一(昭和初期の代表的な歌手・ボードビリアン)の歌う「アラビアの唄」だった。この歌は、米映画の主題歌に日本語の歌詞を付けたものだ。

 「日本で初めての和製ジャズ。当時、ものすごくはやっていて、そればっかりが店でかかっていたんです」

 真っ白いエプロンを着けた奇麗な女性が、オレンジエードの入ったシャンパングラスを持って来てくれた。ストローで飲むと、炭酸が口の中で広がった。このオレンジ味の甘い炭酸水と店のネオン、若く美しいホステス、そこに歌が加わり、小林の心をぐっと捉えたのだ。

最初の楽器は集団疎開のときのハーモニカ

 小林は昭和7(1932)年に東京都渋谷区で生まれた。父親は逓信省(現日本郵政)勤務、母親は築地小劇場などの舞台に上がっていた元女優だった。弟、妹が1人ずついたが、2歳下の弟は3歳で亡くなっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>