スポーツテック2020
全5回

スポーツテック2020

人間の選手が躍動し、対戦し、人間の審判が判定を下す。かつては機械の入り込む余地がなかったスポーツに、AI(人工知能)やIoTなど新技術を取り入れる動きが加速している。技術の革新で、競技を正確に判定できるようになれば、トレーニングの効率化にも影響し、新しい観戦の体験を生み出す。2020年に向け、スポーツはどう進歩していくのか。注目トピックをリポートする。
  • 東京五輪は「スポーツテック」の好機 15兆円市場へIT企業参入
    第1回
    2019.10.28
    東京五輪は「スポーツテック」の好機 15兆円市場へIT企業参入
    2020年最大のイベントと言えば東京五輪・パラリンピック。「史上最もイノベーティブ」と方針を掲げる祭典は、AI(人工知能)による映像分析、万人が楽しめる環境づくりなどで最新の技術を体験できる場にもなる。本特集では、東京五輪を機に拡大するスポーツ×テクノロジー産業の広がりを展望する。
  • 世界が認めた体操判定AI 勝負分ける関節「わずか1度」を見極め
    第2回
    2019.10.29
    世界が認めた体操判定AI 勝負分ける関節「わずか1度」を見極め
    カメラやセンサーの映像を分析するAI(人工知能)が進歩し、人間を超える精度であらゆる現象を捉える「機械の目」が広がっている。この技術はスポーツの解析でも威力を発揮する。その代表例が、国際体操連盟(FIG)も採用する富士通の採点支援システムだ。
  • パラスポーツとゲーム融合 VRや人間拡張「万人向け」市場広がる
    第3回
    2019.10.30
    パラスポーツとゲーム融合 VRや人間拡張「万人向け」市場広がる
    スポーツは肉体を駆使する活動で、プロともなれば、筋力や瞬発力とフィジカル面の強さが成績に大きく影響する。そんな既存の概念を覆し、誰もが楽しめる新しい競技を生み出そうとする動きが活発化している。VR(仮想現実)など技術を生かしたスポーツとゲームの融合で、新市場の可能性も広がっている。
  • 野球用IoTボールで選手育成 世界に広がる新市場、KDDIが狙い打ち
    第4回
    2019.10.31
    野球用IoTボールで選手育成 世界に広がる新市場、KDDIが狙い打ち
    5Gの有力コンテンツとして多くの企業が注目するスポーツ。KDDIは、IoTデバイスを活用し、アスリート向けにコーチングやコンディション管理を提供する新サービスを立ち上げた。野球やサッカー、クリケットなど多様な競技向けにデバイスを開発してユーザーを囲い込み、この市場をリードする考えだ。
  • Jリーグ・名古屋グランパス AI顔認証で見えた驚きのマーケ効果
    第5回
    2019.11.01
    Jリーグ・名古屋グランパス AI顔認証で見えた驚きのマーケ効果
    スポーツテックはスポーツの舞台裏、スタジアムの運営にも広がっている。サッカーJリーグの名古屋グランパスエイトはスタジアムの入場者を把握するため、カメラとAIによる顔認証を導入し、性別や年齢などの属性データを取得。これを分析すると担当者も驚く効果が見えてきた。

関連特集・連載

人工知能「超・進化論」
人工知能「超・進化論」
VoiceUI最前線
VoiceUI最前線
ミレニアルズが読み解く2020年
ミレニアルズが読み解く2020年
全3回
データサイエンスの未来 一休社長対談
データサイエンスの未来 一休社長対談