スポーツは肉体を駆使する活動で、プロともなれば、筋力や瞬発力とフィジカル面の強さが成績に大きく影響する。そんな既存の概念を覆し、誰もが楽しめる新しい競技を生み出そうとする動きが活発化している。VR(仮想現実)など技術を生かしたスポーツとゲームの融合で、新市場の可能性も広がっている。

パラスポーツ「ボッチャ」とプロジェクションマッピングを組み合わせた「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」(写真提供:ワントゥーテン)
パラスポーツ「ボッチャ」とプロジェクションマッピングを組み合わせた「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」(写真提供:ワントゥーテン)

 2020年の東京五輪・パラリンピックでは報道関係者が集まるプレスセンターとなる東京ビッグサイト。19年10月中旬に開催されたテクノロジー系イベントの最終日、ステージに登壇したのは東京都の小池百合子知事だった。東京都のテクノロジー関連の取り組みを紹介しつつ、強調したのは「パラリンピックの成功なくして2020東京大会の成功はない。会場を満杯にする」という意気込みだ。

 東京都にとって、東京五輪と同様にパラリンピックの注目度を高めることは大きな課題の1つ。いかに実現するか。関連団体がさまざまな試行錯誤を続ける中、あるゲーム風のアトラクションが注目を集めている。プロジェクションマッピングやVR事業を手掛けるワントゥーテン(京都市)が開発した「CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)」だ。

車椅子レースとVRを組み合わせた「CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)」
車椅子レースとVRを組み合わせた「CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)」

 「動作確認完了、システムオールグリーン。シティーネット接続完了……レースがスタートします」。左右のハンドリムを勢いよく回すと、VRゴーグルのスクリーンに映し出されたサイバー空間が流れていく。実際に試してみると、コースの下り坂では、まるでジェットコースターに乗ったときのような「落下の怖さ」を感じるほど。風景は東京各地をモチーフにしている。新宿、秋葉原、銀座、お台場を通り抜け、丸の内の東京駅をジャンプして飛び越えるとゴール地点の渋谷にたどり着く。

 サイバーウィルは、車椅子レースをモチーフにしたアトラクションだ。狙いはパラスポーツという競技を知り、親しんでもらうこと。同時に「パラスポーツの選手のすごさも実感できる」と、ワントゥーテンでサイバーウィルの事業を手掛けるビジネスソリューション&プロダクト本部プロダクトマーケティング&セールスシニアプロデューサーの住本宜子氏は説明する。

ビジネスソリューション&プロダクト本部プロダクトマーケティング&セールスシニアプロデューサーの住本宜子氏
ビジネスソリューション&プロダクト本部プロダクトマーケティング&セールスシニアプロデューサーの住本宜子氏

 一般の男性ではゴールまでに50秒から1分20秒ほどかかるところ、パラマラソンや車椅子ラグビーのトップ選手は30秒前後の記録を出すという。

クールな競技で認知度向上

 ワントゥーテン社長の澤邊芳明氏は、18才の頃、オートバイの事故で脊椎を損傷し、車椅子の生活を送るようになった。97年に創業し、当初はWebデザイン、その後はロボットやIoT、プロジェクションマッピングなどの事業も手掛けてきた。以前は事業を進めるうえで、パラスポーツとの接点はなかったという。

 同社がサイバーウィルを開発するきっかけは、15年に日本財団が立ち上げたパラリンピックサポートセンターのオフィスのデザインを手掛けたこと。澤邊氏は同センターの顧問、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のアドバイザーにも就任した。16年のリオ大会が終わり、いよいよ次は東京、となるはずが国内の盛り上がりは欠けたまま。「このままでは間に合わない、作るぞ、と代表が呼びかけたことでプロジェクトが始まった」(住本氏)と振り返る。

 イメージはSF映画の『トロン』。車体はモータースポーツやパラスポーツギアのデザインや開発を手掛けるRDS(東京・渋谷)と共同開発した。VRゴーグルに映し出す映像は、サイバー空間を走り抜けるクールなイメージとした。19年8月に発表した改良版では、千葉工業大学の未来ロボット技術研究センター(fuRo)の協力を受け、コースの傾斜に合わせてハンドリムに力をフィードバックする機能を付けた。

 「あくまでも自社事業なので、多くは手掛けられない。競技は2つに絞ろうと決めた」(住本氏)。もう1つの競技として選んだのは「ボッチャ」だ。お手玉のように柔らかい革製のボールを投げて、的となる白いボールの近くに自分のボールをいかに近づけるかを競う。冬季スポーツのカーリングにも似ている。

「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」の全体像。フレームの上部に取り付けたセンサーでボールの位置を把握、プロジェクターで床面に映像を映し出す
「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」の全体像。フレームの上部に取り付けたセンサーでボールの位置を把握、プロジェクターで床面に映像を映し出す

 このアトラクションは「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」と名付けた。実際の競技では、コンパスのような器具を使ってボール間の距離を測るが、サイバーボッチャではやぐらのように組んだ屋根の上に置いたセンサーでボールの位置を把握する。プロジェクターを使い、ボールの位置に合わせて床に映像を投映する。「ダーツやビリヤードのようにデートでも楽しめるバースポーツを目指した」(住本氏)という。

 サイバーボッチャも改良型を開発中。機材をより簡単に設置できるようにするほか、周囲の観客が応援しやすくするためにモニターで出力する機能を洗練させる。サイバーボッチャの中継画面をプロジェクションマッピング風に東京都庁のビル全体に投映する――今後は、そんなイベントを開く「野心」を澤邊氏は抱いているという。

将来のeスポーツは全身で楽しむ

 誰でも楽しめる新しいスポーツを生み出そうという取り組みは他にもある。ロボットやAI(人工知能)などの技術を駆使して人間の能力を高める「人間拡張」によって、新スポーツの推進を目指す団体が、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授が中心となって立ち上げた「超人スポーツ協会」だ。

 技術を活用することで人間の能力を補えば、老若男女、年齢差といった違いを超え、誰もが参加できるスポーツが生まれる。その背景には「スポーツをサンドボックス(実験の場)とすることで、日常の用途に転用できる技術として確立していく」(超人スポーツ協会ディレクターの安藤良一氏)という狙いがある。

クッションとなる透明な球体を身に付けて、相手をはね飛ばす競技「バブルジャンパー」(写真提供:超人スポーツ協会)
クッションとなる透明な球体を身に付けて、相手をはね飛ばす競技「バブルジャンパー」(写真提供:超人スポーツ協会)

 例えば、ばねでできた竹馬を足に装着してクッションとなる球体で体を覆うことで相手を倒す「バブルジャンパー」、全方向に動くオムニホイールを備えた車椅子を使ってドリフト走行をする「スライドリフト」などがある。これらの競技は協会が開いたハッカソンで生み出された。

 19年9月に東京・渋谷で開催された「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」など、イベントへ参加することで超人スポーツの普及拡大を進めている。超人スポーツの競技一覧には、ワントゥーテンのサイバーウィルやサイバーボッチャ、meleap(メリープ、東京・千代田)が開発したVRを使ったテクノスポーツ「HADO(ハドー)」も並ぶ。「協会がハブとなって各団体にイベントへの参加などを呼びかけている」(安藤氏)という役割を担っている。

 近年は「eスポーツ」としてゲームの大会が各地で開かれるようになった。超人スポーツ協会でも多彩な競技をアピールし、eスポーツと同様の普及を狙う。HADOは既に日本eスポーツ連合(JeSU)に正式加盟し、国内のプロリーグ開催を目標に掲げている。「現在のeスポーツは手で操作するコントローラーを使うが、将来は体全体で表現し、体感する超人スポーツも浸透していくだろう」と安藤氏は展望する。