カメラやセンサーの映像を分析するAI(人工知能)が進歩し、人間を超える精度であらゆる現象を捉える「機械の目」が広がっている。この技術はスポーツの解析でも威力を発揮する。その代表例が、国際体操連盟(FIG)も採用する富士通の採点支援システムだ。

ドイツのシュツットガルトで2019年10月に開催された体操の世界選手権で富士通の採点支援システムが使われた(写真提供:富士通)
ドイツのシュツットガルトで2019年10月に開催された体操の世界選手権で富士通の採点支援システムが使われた(写真提供:富士通)

 2019年10月、ドイツのシュツットガルトで開催された体操の世界選手権。東京五輪への予選を兼ねた大会であり、世界各国の選手たちは緊張感の高い雰囲気の中で、演技を繰り広げた。その会場内には、カメラ風のレンズが付いた高さ約30センチメートルの黒い箱が複数置いてあった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>