ホテルウォーズ2020
全6回
2020年の東京五輪へ向け、「The Okura Tokyo」や米マリオットの「EDITION」など、ホテルのオープンラッシュが続いている。しかし正念場は五輪後。ホテル数の過剰感も指摘される中で、各ホテルはどう戦い抜くのか。勝ち残るためのポジショニング戦略や、会員プログラムを活用したマーケティング戦略に迫る。
  • 知られざるホテルが銀座で大増殖 インバウンド比率9割超も
    第1回
    2019.10.07
    知られざるホテルが銀座で大増殖 インバウンド比率9割超も
    2020年の東京五輪に向け、ホテルの開業ラッシュが続いている。果たして需要は伸び続けるのか、どのようなホテルが有望なのかを探る特集の第1回は、新ブランドのホテルが続々と開業する銀座にスポットを当てる。注目は、シティーホテルにも引けを取らない客室を備え、欧米からの訪日客を狙う宿泊特化型ホテルだ。
  • 34施設も新規オープン 道の駅までホテルに変える米マリオット
    第2回
    2019.10.08
    34施設も新規オープン 道の駅までホテルに変える米マリオット
    これから4年で日本に34もの施設を開業する予定の米マリオット・インターナショナル。7つのブランドを新たに日本に上陸させ、都市部だけでなく地方のロードサイドにまで手を広げる。特集の2回目は世界最大のホテルチェーンの日本戦略を取り上げる。最大の強みは、全世界で1億3300万人の会員を有するポイントプログラムを使った集客だ。
  • 新生オークラは2ブランドを使い分け ビジネスも観光も総取り
    第3回
    2019.10.09
    新生オークラは2ブランドを使い分け ビジネスも観光も総取り
    「御三家」と称されるホテルオークラ東京が、「The Okura Tokyo」として2019年9月に建て替えオープン。旧本館の雰囲気を再現しつつ、標準的な客室を以前の約1.5倍の広さとした。高層棟と低層棟で異なるコンセプトの2ブランドを導入し、客室単価の大幅な引き上げを狙う。カギは、得意とするビジネス需要に加えてレジャー需要の取り込みだ。
  • パレスホテルが国内外の富裕層を獲得 米大統領の宿泊先にも
    第4回
    2019.10.10
    パレスホテルが国内外の富裕層を獲得 米大統領の宿泊先にも
    2019年5月、国賓として来日した米国のトランプ大統領が宿泊した「パレスホテル東京」。特集の第4回は、海外に強固な顧客基盤がなく、国内にも有力な系列ホテルを持たない独立系ホテルが、日本を代表するラグジュアリーホテルにのし上がった背景に迫る。ポイントは、訪日客に合わせた接客スタイルと、女性客の取り込み。顧客層を大きく広げた。
  • 英インターコンチが別府に 訪日客狙い「ホテル×温泉」を再定義
    第5回
    2019.10.11
    英インターコンチが別府に 訪日客狙い「ホテル×温泉」を再定義
    2019年8月、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)が大分県別府市に温泉付きのラグジュアリーホテルをオープン。特集の5回目は、地方都市や温泉地を虎視眈々(たんたん)と狙う外資系ホテルの動きを追う。オープン早々、盛況な理由は、温泉街に訪日外国人客を呼び込むだけでなく、地元客の“ハレの日需要”も取り込む戦略にあった。
  • 20年は宿泊需要が減る!? 五輪後に攻勢かけるカンデオの真意
    第6回
    2019.10.11
    20年は宿泊需要が減る!? 五輪後に攻勢かけるカンデオの真意
    ホテル業界で最も勢いがあるのが、“ビジネスホテル以上、シティーホテル未満”の宿泊特化型ホテル。特集の最終回は、その先駆けともいえる「カンデオホテルズ」の意外な戦略を紹介する。同社は2019年10月、都内ではなく、さいたま市に首都圏の旗艦ホテルをオープン。「首都圏の攻略は五輪後」という。

関連特集・連載

「渋谷大変貌」で何が変わる?
「渋谷大変貌」で何が変わる?
全5回
創り人・小林亜星 昭和CM音楽の魁
創り人・小林亜星 昭和CM音楽の魁
全4回
タレント「SNSパワー」ランキング2019
タレント「SNSパワー」ランキング2019
全6回
【PR】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
【PR】Tokyo Midtown DESIGN TOUCH