「御三家」と称されるホテルオークラ東京が、「The Okura Tokyo」として2019年9月に建て替えオープン。旧本館の雰囲気を再現しつつ、標準的な客室を以前の約1.5倍の広さとした。高層棟と低層棟で異なるコンセプトの2ブランドを導入し、客室単価の大幅な引き上げを狙う。カギは、得意とするビジネス需要に加えてレジャー需要の取り込みだ。

建て替え前の特徴あるロビーが再現された「The Okura Tokyo」
建て替え前の特徴あるロビーが再現された「The Okura Tokyo」

 建て替えのために15年に休業した「ホテルオークラ東京 本館」(以下、旧本館)が、4年の歳月をかけてリニューアルオープンした。名称はThe Okura Tokyoとなり、今どきのデザインであるガラス張りの高層ビルからは、昔の面影を見いだすことはできない。しかし、エントランスからロビーに一歩足を踏み入れると、1962年に建てられた旧本館を象徴するロビーが、ほぼ当時のまま再現されている。

 「壁面に使われていた群馬県産の多胡石は今では採掘できないので、世界中から50種類近いサンプルを取り寄せ、最も風合いが近いイタリア産の石を輸入した」「ロビーには3段分の段差があるが、現行のバリアフリー法ではスロープや手すりを付ける必要がある。それでは往年のイメージが損なわれるので、見えない位置に車椅子用のエレベーターを設けた」――。建て替えプロジェクトに携わったホテルオークラ東京総支配人の梅原真次氏に尋ねると、再現のための苦労話が次々と飛び出してきた。

ホテルオークラ東京の梅原真次総支配人
ホテルオークラ東京の梅原真次総支配人

 ホテルオークラは、なぜそこまでして全面建て替えをしなければならなかったのか。その背景には、老朽化に加えて、都内に増え続ける外資系ホテルの存在があった。梅原氏によると、当初は全面改修して使い続けるプランもあったという。その際に持ち上がったのが、部屋の間仕切りを取り去り、3部屋分の広さを2部屋に変更する工事だ。「最近の外資系ホテルは42~45平方メートルが一般的だが、旧本館の標準的な客室は33平方メートル。手狭と感じられるようになっていた」(梅原氏)。ただ、バス・トイレなど水回りを含めた大掛かりな工事となるうえ、客室数も約3分の2と大幅に減ってしまう。広い客室でも十分な客室数を確保することができる高層ビルへの建て替えのほうが有利と判断されたのだ。

 The Okura Tokyoは高層棟と低層棟の2つの建物から成り、異なる2ブランドのホテルが運営される。旧本館の実質的な後継施設は、高層棟の「オークラ プレステージタワー」。全368室の大型シティーホテルだ。客室は28階以上に位置し、眺望の良さを売りにする。標準的な客室の広さは外資系ホテルに引けをとらない約50平方メートル。宿泊料金は今のところ1室2人利用で1泊6万円前後(税・サービス料込み。以下同)となっている。正規料金は7万円で、建て替え前の4万5000円と比べて大幅にアップした。

The Okura Tokyoは高層棟と低層棟で構成される
The Okura Tokyoは高層棟と低層棟で構成される

 プレステージブランドは、実は12年からバンコクや台北など海外のホテルで使われている。300~500室規模のシティーホテルブランドで、グローバルに展開していくことから、客室の広さや設備面は外資系ホテルを意識。ホテルオークラブランドよりも一段上の位置づけという。今後、ベトナムやカンボジア、台湾での開業が控えており、「アジアでのオークラブランドの知名度は高まってきている」(梅原氏)。海外でよく知られたブランドを冠したことで、訪日客の獲得にも貢献しそうだ。

客室は広く、眺望の良さが売り
客室は広く、眺望の良さが売り