2019年9月27日、東京・日本橋に進出した誠品生活。「万年赤字」のどん底時代を乗り越え、台湾を代表するカルチャーストアへと飛躍した。起死回生の一手となったのは、祖業である書店を核にした鮮やかな業態転換。グループを率いる呉旻潔(マーシー・ウー)会長が単独インタビューで明かした。

会長インタビュー前編はこちら
誠品生活の転換点について語る呉旻潔会長。未来の店づくりについても持論を述べた(台北にある「誠品行旅」の一室で)
誠品生活の転換点について語る呉旻潔会長。未来の店づくりについても持論を述べた(台北にある「誠品行旅」の一室で)

重要なのは「空間を鑑賞する力」

 誠品生活はなぜ、独創的な空間を次々と生むことができるのか。創業者でかつ、呉会長の父である呉清友氏(ロバート・ウー、2017年に死去)のDNAが今も息づいているからだ。

 「空間とは、形のないもの。誠品の店舗はもちろん、このホテル(誠品行旅)も、オフィスも、私の自宅もそう。父の思い、好みがいろいろな場所に反映されている。私も含めて社員が父から学んだことは、空間を鑑賞する力。自発的に空間から学び取ろうという姿勢はすごく重要。よくセンスという言葉を皆さん使うが、父はセンスよりも気品という言葉を好んで使っていた」

 清友氏はもともと美術品の収集家として知られていた。良し悪しを見分ける審美眼を持ち、一目見て寸法を言い当てられるほどの洞察力があった。

 「誠品のバイヤーは、もともと目利きに優れていたわけではない。自ずと勉強することで鍛えられてきた。経理部門の人がギャラリーの展示を見に行くなど、どの社員にも、自分に足りない知識を学ぼうとする姿勢がある」。カリスマ亡き後も、誠品が誠品であり続ける理由はそこにある。

 誠品生活のすごさを世の中に示したのが、06年1月にグランドオープンした信義旗艦店だ。台北市内で最も地価の高い場所に、地下2階、地上6階、延べ約4万6280平方メートル(約1万4000坪)という圧倒的なスケールで誕生した。「読書と暮らしの博物館」をコンセプトに、国内外から300ものブランドを集めた。

信義旗艦店は台湾の超一等地にある。企業の存続をかけた挑戦だった
信義旗艦店は台湾の超一等地にある。企業の存続をかけた挑戦だった

 大きな書店売り場に加え、ファッションや雑貨、レストラン、ベビー用品、CD・レコード、食品から、日本の文房具、北欧のインテリア、台湾のデザイナーブランドを専門に紹介するコーナーまで多彩なジャンルで「誠品セレクト」を押し出した。信義旗艦店のボリュームゾーンは25~45歳。中高生も学校帰りに足を運ぶなど、若い世代にも裾野が広がった。まさに1日中過ごせる新感覚のセレクトショップとして、急速に市民権を得たのだ。

 書店を核に暮らしを再編集した店は当時、日本にすらなかった。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が東京・代官山に蔦屋書店を構えたのは2011年の12月。誠品生活は日本より6年も時代の先を行っていたのだ。

書店売り場は全ジャンルに誠品生活が選んだ「推薦(RECOMMEND)」コーナーがある
書店売り場は全ジャンルに誠品生活が選んだ「推薦(RECOMMEND)」コーナーがある
芸術系の専門書が多いのも特徴。シャンデリアを配するなど、豪華なしつらえとなっている
芸術系の専門書が多いのも特徴。シャンデリアを配するなど、豪華なしつらえとなっている
音楽売り場では、CDよりもビニールレコードの品ぞろえを強化
音楽売り場では、CDよりもビニールレコードの品ぞろえを強化
台湾の農産物を厳選(写真上)し、日本橋店と同じくキッチンスタジオを備えている
台湾の農産物を厳選(写真上)し、日本橋店と同じくキッチンスタジオを備えている
生活雑貨コーナーも目利きが光る
生活雑貨コーナーも目利きが光る
文具コーナーは日本や欧米の人気商品をセレクト
文具コーナーは日本や欧米の人気商品をセレクト
仏の老舗インクブランド「エルバン」の高級ライン「ジャック・エルバン」(JACQUES HERBIN)も扱っている
仏の老舗インクブランド「エルバン」の高級ライン「ジャック・エルバン」(JACQUES HERBIN)も扱っている
若手のデザイナーとコラボした空間デザインは現代アートのようだった
若手のデザイナーとコラボした空間デザインは現代アートのようだった
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>