今回の東京ゲームショウ2019では、コナミデジタルエンタテインメントの「PCエンジン mini」が注目されたが、注目すべきレトロゲームは他にもある。ゲームショウ会場では昔のアーケードゲームの雰囲気を味わえるハードウエアや、手軽にレトロゲームが楽しめるサービスが展示されていた。

 任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がヒットして以降、レトロゲームを搭載した復刻版ゲーム機の人気が高まっている。今回の東京ゲームショウでも、KONAMIが2020年の発売を予定している「PCエンジン mini」の展示が、人気を集めたようだ。

 レトロゲームに取り組むのは、そうした大手企業だけではない。他にもさまざまな企業がレトロゲームを現代に復刻する取り組みを進めており、今回のゲームショウではいくつかのブースで、その一端を見ることができた。

アーケードゲームの雰囲気を現代に再現するハードの数々

 レトロゲームが楽しめるハードウエアという意味で注目されるのは、タイトーが国内で販売している、ライトアップ型のアーケードゲーム機の本体を4分の3スケールで再現した『ARCADE1UP』。18年に『スペースインベーダー』などが楽しめる第1弾、19年に第2段を発売している。

 そして今回のゲームショウでは新たに、『バーガータイム』などデータイーストのゲームが楽しめる新ラインアップのほか、新たに卓上に置いて楽しめるカウンターケード版も展示。さらに参考出展として、日本のゲームセンターで一般的だったテーブルタイプのモデルも用意しており、ラインアップを大きく広げ幅広いスタイルでレトロゲームを体感できる環境を提供しようとしている。

「ARCADE1UP」は新シリーズ追加だけでなく、本体のバリエーションも拡大。よりコンパクトな卓上タイプのモデルも登場した
「ARCADE1UP」は新シリーズ追加だけでなく、本体のバリエーションも拡大。よりコンパクトな卓上タイプのモデルも登場した
参考出展として、テーブルタイプの製品も登場。日本人にはライトアップ型よりもこちらの方になじみがあるかもしれない
参考出展として、テーブルタイプの製品も登場。日本人にはライトアップ型よりもこちらの方になじみがあるかもしれない