ゲームスクールコーナーのバンタンゲームアカデミーでは、スクウェア・エニックスがプロデュースしているアイドルグループ「GEMS COMPANY」がファンと直接会話する「お話し会」を実施している。彼女たちの主戦場はYouTube。今回の対面も「モニター越し」だが、とても生々しくて、くすぐったい、特殊な体験だった。

 「GEMS COMPANY(ジェムズ・カンパニー)」は12人組のアイドルで、所属事務所は「でんぱ組.inc」などで知られるディアステージ。オーディションを経て2018年8月にデビューした。楽曲とミュージックビデオを発表し、単独ライブを行い……と、歌って踊れるアイドルとして活躍しているのだが、彼女たちのビジュアルは「生の人間の姿」ではなく、リアルタイムで動くCGだ。だが「バーチャル」でもない。歌もダンスも表情も言葉も、すべて「本当の女の子」によるものだ。

バーチャルではないアイドル

 GEMS COMPANYのメンバーはそれぞれSNSアカウントを持ち、活動の告知や日々の何気ない出来事を毎日ツイートしている。動画も日常的に配信している。この内容がなんとも「生っぽい」。架空のキャラクターではなくて現実世界の女の子がそこにいる、と感じる。

「GEMS COMPANY」の12人。(c)2018,2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
「GEMS COMPANY」の12人。(c)2018,2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 「楽曲やグループとしての方向性はプロデュースしていますが、個々の発言や、配信でのふるまいは本人に任せています。彼女たちの個性そのままです」と話すのは、スクウェア・エニックスのプロデューサー・高橋祐介氏。

 「完成されたアイドルではなく、夢を持つ女の子たちがアイドルとして成長していく姿を、ファンも一緒に楽しいんでほしい」のだという。バーチャルなキャラクターではなくて、私たちのすぐそばでアイドルとして活動している女の子たちだ。