東京ゲームショウ2019のブロッコリーブースは、女性向けタイトル『うたの☆プリンスさまっ♪』『ジャックジャンヌ』『マルチポイント×コネクション』が三つ巴。多くの女性ファンを楽しませていた。

石田スイさんはキャラクターデザインのみならず、『ジャックジャンヌ』の世界観設定からゲーム内のイラスト全般、ゲーム中に登場する歌曲の作詞をも手掛ける
石田スイさんはキャラクターデザインのみならず、『ジャックジャンヌ』の世界観設定からゲーム内のイラスト全般、ゲーム中に登場する歌曲の作詞をも手掛ける

 今年の東京ゲームショウには、独立した女性向けコーナーはないが、女性向けコンテンツは例年通りに充実。なかでも女性向け3タイトルが集結するブロッコリーのブースは、数多くの女性ファンでにぎわっている。

 漫画「東京喰種 トーキョーグール」の作者・石田スイさんとブロッコリーの新プロジェクト『ジャックジャンヌ』が、2020年にNintendo Switch向けのゲームタイトルとして発売されることが決定。主人公が仲間との交流を深めながら学園生活を送り、1年の最後に行われる公演で主演を目指す少年歌劇シミュレーションだ。

 石田スイさんによる本格オリジナル脚本に加え3Dキャラクターによる華やかなダンスも期待大。ブースではメインキャラクターたちの等身大パネルの展示や、キャストやキャラクターの情報が掲載されたリーフレットを配布している。

 一方、年内に配信が決定している放置系ゲーム『マルチポイント×コネクション』は、私立稜風学園の購買部を舞台にストーリーが展開する。プレーヤーは購買部で働く男性スタッフ(稜風学園OB)と女性スタッフ(転入生・2年)をアバターとして使い分け、さまざまな視点からゲーム内のキャラクターと交流する。相性などによって異なるストーリーが展開されるのが特徴だ。

 商品を並べるだけの簡単な操作で、多彩なストーリーが展開する。キャラクターたちのパネルが並ぶブースでは、 オリジナルステッカーがもらえる事前登録キャンペーンも実施している。

 10年にPSP用に発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』。発売以来、CDにアニメに舞台とメディアミックス展開で人気のコンテンツだ。この人気シリーズからは、19年12月から順次発売が予定されている『Repeat LOVE for Nintendo Switch』、『Amazing Aria & Sweet Serenade LOVE for Nintendo Switch』、『Debut for Nintendo Switch』の展示が楽しめる。

購買部に買い物にやってくる先生や生徒たちと交流することで親密度を上げたり、購買部のレベルを上げて拡張も可能。レベルの上昇とともに新しいストーリーが開放される『マルチポイント×コネクション』。
購買部に買い物にやってくる先生や生徒たちと交流することで親密度を上げたり、購買部のレベルを上げて拡張も可能。レベルの上昇とともに新しいストーリーが開放される『マルチポイント×コネクション』。
『うたの☆プリンスさまっ♪』移植タイトルは、2019年12月から順次発売が予定されている。
『うたの☆プリンスさまっ♪』移植タイトルは、2019年12月から順次発売が予定されている。

(文・写真/永浜敬子)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト