美少女が活躍するスマートフォン向け3Dバトルアクションゲーム『崩壊3rd』で人気のmiHoYoが東京ゲームショウにブース出展。『崩壊3rd』に加え、来年提供予定の新作オープンワールドRPG『原神』のアピールも実施している。

 中国を拠点に、スマートフォン向けのゲームを中心に提供しているmiHoYo(米哈游)。そのmiHoYoが東京ゲームショウに出展し、最新ゲームなどをアピールしている。

『崩壊3rd』が人気のmiHoYoブース。2つのゲームの展示を実施している
『崩壊3rd』が人気のmiHoYoブース。2つのゲームの展示を実施している

 同社は日本のアニメーション調のキャラクターグラフィックを取り入れたゲームに強みを持っており、日本では美少女が戦う3Dバトルアクション『崩壊3rd』がヒットしている。そうしたことから同社のブースでは、『崩壊3rd』に関連した展示が目玉の1つとなっており、試遊台ではすべてのキャラクターが使える、ゲームショウオリジナルのクエストをプレーできるようになっている。

美少女が戦うSF調のバトルアクション『崩壊3rd』。キャラクターの魅力に加え、3Dによるリアルでスムーズなバトルができることなどから、日本でも人気となっている
美少女が戦うSF調のバトルアクション『崩壊3rd』。キャラクターの魅力に加え、3Dによるリアルでスムーズなバトルができることなどから、日本でも人気となっている

 そして同ブースでもう1つの目玉となっているのが、来年のリリースを予定しているオープンワールドRPG『原神』。こちらは日本ではPlayStation 4向けの提供が予定されているが、ブース内ではスマートフォン版の試遊が可能となっている。

会場では『崩壊3rd』『原神』などの最新PVなども公開されている
会場では『崩壊3rd』『原神』などの最新PVなども公開されている

 いずれのゲームもプレーするとガチャを回すことができ、両ゲームのキャラクターのオリジナルグッズをもらうことが可能。他にも『崩壊3rd』と『原神』の最新PVや、両ゲームをイメージしたフォトスペースなども用意されており、ゲームの雰囲気を十分に味わえるようになっている。

miHoYoはキャラクターに力を入れていることもあり、『崩壊3rd』のフィギュアなどオリジナルグッズも登場している。ブース内ではそうしたグッズの数々も展示されている
miHoYoはキャラクターに力を入れていることもあり、『崩壊3rd』のフィギュアなどオリジナルグッズも登場している。ブース内ではそうしたグッズの数々も展示されている
両ゲームをイメージしたフォトスペースも用意されており、コスプレーヤーとゲームの雰囲気を味わえる写真の撮影も可能だ
両ゲームをイメージしたフォトスペースも用意されており、コスプレーヤーとゲームの雰囲気を味わえる写真の撮影も可能だ

(文・写真/佐野正弘)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト

この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。

アマゾンで購入する