巨大な未来都市で自分らしくサバイブ

バイクの名前は「YAIBA KUSANAGI」。実物大モデルをブースで展示中だ
バイクの名前は「YAIBA KUSANAGI」。実物大モデルをブースで展示中だ

 『サイバーパンク2077』は未来の巨大都市ナイトシティを舞台にしたオープンワールドRPGだ。「オープンワールド」とはゲーム中の世界を自由に動き回って攻略を楽しめる自由度の高いゲームを指す。本作では、“巨大都市ナイトシティ”が丸ごとゲームの舞台となっている。見知らぬ未来都市だが、どことなく香港や東京やNYを想起させる。プレーヤーは、巨大都市ナイトシティで「サイバーパンク」と呼ばれる職業の若者“V(ヴィー)”としてゲームをプレーをする。

 実機デモプレーはゲーム中盤から始まったが、今回は特別にキャラクターの性別や外見を選ぶキャラメイクも実演された。社会階層、性別、顔立ち、目や肌の色を自由に選べる。こういったキャラメイクそのものは目新しい機能ではないが、『サイバーパンク2077』ではなんとプレーヤーが決めた外見がゲームの進行に関わると言うのだ。キャラメイク画面には「ナイトシティでは外見がすベて」といった言葉が表示されていた。どうも文字通りの意味らしい。