人気オンラインゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」など多彩なゲームを手掛けるDMM GAMES(東京・港)。東京ゲームショウ2019の会場ブースでは、中世の史実をもとにしたリアルタイムストラテジーゲーム『アンセスターズレガシー』など、開発中の最新タイトルを紹介している。

 『アンセスターズレガシー』はバイキング、アングロサクソン、ゲルマン、スラブの4つの勢力のシナリオが提供され、敵の領地を支配していくタイトルだ。PlayStation 4(PS4)版が12月19日に発売される。

DMM GAMESでは、最新の配信・発売タイトルを紹介
DMM GAMESでは、最新の配信・発売タイトルを紹介
『アンセスターズレガシー』(c) 2019 Destructive Creaions / Published by DMM GAMES
『アンセスターズレガシー』(c) 2019 Destructive Creaions / Published by DMM GAMES

 このほかにもテーブルトークRPGを原作とした『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』、氷河期に覆われた19世紀を舞台とした、社会のサバイバルをテーマとしたシミュレーションゲーム『Frostpunk』などをステージで紹介している。

一般公開日のステージにも注目だ
一般公開日のステージにも注目だ

(文・写真/島徹)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト

この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。

アマゾンで購入する