グーグルは今年も「Google Play」のラリーを実施。会場内に設置されたポイントを回って「ラリーポイント」をため、巨大回転ガチャに挑戦することで、さまざまなプレゼント「Google Play Points」やオリジナルグッズなどの商品を入手できる。

 スマートフォンゲームコーナーの一角にブースを構えるグーグルは、昨年好評を博した「Google Play ラリー」を今年も実施している。

巨大な回転ガチャが目を引くGoogle Playのブース。昨年好評だった「Google Playラリー」を今年も実施している
巨大な回転ガチャが目を引くGoogle Playのブース。昨年好評だった「Google Playラリー」を今年も実施している

 これはスマートフォンを使ったポイントラリー。ゲームショウ会場内に設置された、Google PlayマークのスタンドにあるQRコードを読み取って「ラリーポイント」をためていくというもの。スタンドのある場所にはスターターキットが置いてあるので、スマートフォンを持っていればすぐ始められる。

Google Playラリーを始めるためのスターターキットはブース内のほか、ラリーのスタンドがある場所で入手できる
Google Playラリーを始めるためのスターターキットはブース内のほか、ラリーのスタンドがある場所で入手できる
ラリーのスタンドはゲームショウ会場内のいたるところに設置されている
ラリーのスタンドはゲームショウ会場内のいたるところに設置されている
スマートフォン上のGoogle Playラリーの画面。「QRコードをスキャン」を押してからスタンドにあるQRコードを読み取ればラリーポイントを獲得できる
スマートフォン上のGoogle Playラリーの画面。「QRコードをスキャン」を押してからスタンドにあるQRコードを読み取ればラリーポイントを獲得できる

ポイントをためて巨大ガチャを回そう

 ラリーポイントをためたら、グーグルのブースで100ポイントにつき1回、巨大回転ガチャを回すことができる。ガチャを回すとさまざまな色のボールが出てくるので、その色に応じた賞品を入手可能だ。

ブース内にある巨大ガチャ。100ポイントにつき1回、チャレンジすることが可能だ
ブース内にある巨大ガチャ。100ポイントにつき1回、チャレンジすることが可能だ
ガチャを引くとさまざまな色のボールが出てくる。色に応じてもらえる賞品は異なる
ガチャを引くとさまざまな色のボールが出てくる。色に応じてもらえる賞品は異なる

 賞品はGoogle Playで利用できる「Google Play Points」のほか、ゲームのオリジナルグッズなどさまざまなものが用意されており、TOP賞はGoogle Play Pointsのダイヤモンドステータスがもらえるとのこと。ダイヤモンドステータスになるにはGoogle Playで15000ポイント、通常の課金であればあれば150万円は支払う必要があるだけに、当たれば相当お得なことは間違いない。

ガチャでもらえる賞品の一例。賞品にはグッズだけでなく、Google Play Pointsも用意されている
ガチャでもらえる賞品の一例。賞品にはグッズだけでなく、Google Play Pointsも用意されている

 ちなみにスタンプラリーは、AndroidスマホだけでなくiPhoneでも参加できる。ただしGoogle Play Pointsのメンバーであれば、ステータスに応じてもらえるラリーポイントがアップするほか、ブース内の充電スポットが利用できたり、ラリーポイントをフードチケットに変えたりできるなどの特典が得られる。Androidユーザーのほうがメリットが大きいことは間違いない。

(文・写真/佐野正弘)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト

この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。

アマゾンで購入する