ガンホー・オンライン・エンターテイメントのブースでは、カプコンの人気キャラクターたちが登場するスマホ向けカードゲームアプリ『TEPPEN(テッペン)』の試遊体験ができる。8月にアジア・日本での配信が始まったということで、早速プレーしてみた。

ガンホーの『TEPPEN』試遊体験ブース。結構スペースが広く、24席用意されている
ガンホーの『TEPPEN』試遊体験ブース。結構スペースが広く、24席用意されている

 『TEPPEN』は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとカプコンがタッグを組んで開発したスマホ向けゲームアプリ。カプコンで人気の「モンスターハンター」や「デビルメイクライ」「ストリートファイター」「バイオハザード」などのキャラクターたちが美麗なイラストで多数登場する。

 2019年7月4日に北米・欧州でサービスを開始し、8月8日から、ようやくアジア・日本でのサービスも始まった。グローバルでサービスを提供しており、9月4日には全世界で累計300万ダウンロードを突破した、今人気の総合格闘技ゲームだ。

 ガンホーといえば大人も子供も全年齢が楽しめる『パズドラ』が有名だが、『TEPPEN』はカードゲームならではの思考力がカギとなる少々難しいゲーム。「新しい市場を開拓するため、全年齢の男性をターゲットにしている」とガンホーのスタッフは話す。

 各キャラクターの美しい描き下ろしイラストでオリジナルストーリーが展開し、オンライン上の相手プレイヤーや、目の前にいる友人などと、リアルタイムでカードゲームができるのが魅力。スマホアプリのゲームだが、カードゲームの展開もしている。筆者はスマホアプリでのカードゲームは初めてだが、「未経験でも大丈夫です!」というスタッフさんに乗せられ、早速試遊体験をしてみた。

試遊台にはスマートフォン端末とヘッドフォン、遊び方の説明書が置いてある
試遊台にはスマートフォン端末とヘッドフォン、遊び方の説明書が置いてある