日経クロストレンドと日経xTECHが共同で実施した「ディープラーニングビジネス活用アワード」の表彰式が10月10日に東京ビッグサイトで開かれた。審査員6人からは、受賞6プロジェクトに対して興味深い講評をもらった。全文掲載する。

「ディープラーニングビジネス活用アワード」の表彰式、6プロジェクトが表彰された(写真/山田愼二)
「ディープラーニングビジネス活用アワード」の表彰式、6プロジェクトが表彰された(写真/山田愼二)

 まず受賞企業を振り返っておきたい。大賞はキユーピーの食品加工で原料を検査する「AI食品原料検査装置」というプロジェクトである。優秀賞には楽天の自動翻訳プロジェクトである「Rakuten Translate」、荏原環境プラント(東京・大田)が進める「ごみ焼却プラント運転自動化プロジェクト」、水処理など流体向けAI分析のAnyTech(東京・文京)の「水質判定AI『DeepLiquid』」の3つが選ばれた。

 特別賞には、保育園向けIT(情報技術)サービスのユニファ(名古屋市)の「写真自動判定システムによる保育士の業務負荷軽減」、パッケージデザインのプラグ(東京・千代田)の「パッケージデザインの好意度スコアを予測するAIサービス」の2プロジェクトが選ばれている。以下、講評である。

■松尾豊・東京大学大学院工学系研究科教授

 今回の賞の選定にあたって、ディープラーニングを用いたビジネス事例が増え、その中から実際に売り上げや利益につながる事例がたくさん出てきていることは大変素晴らしいことだと思います。技術の導入期には、技術を使うことだけが注目されがちですが、事業の構造やボトルネックをきちんと把握し、大きな付加価値を生み出す事例が増えれば、さらに社会全体での活用が進んでいくものと期待します。

 今回大賞を受賞したキユーピーの事例は、食品という人手がかかる業界で、食の安全・安心にとって重要な原料の検査を自動で行おうというものです。ディープラーニングを用いたダイスポテトの検査装置がすでに現場で稼働しており、また導入される自社工場も増えています。

 また、他の食品メーカーから数多くの引き合いがあり、協調領域は業界全体でレベルを上げていくというコンセプトのもと、積極的に外販を進めています。食品業界は、人手を要する部分が大きく、また人手不足も深刻です。ディープラーニングによる自動化が進めば、苦しい状況を転じてグローバルに展開できる可能性につながり、日本の食品産業全体の大きな飛躍のチャンスにつながると考えられます。

 人手不足などのマイナス要因を技術革新の原動力にし、日本の強みをグローバルに展開できるような産業全体の動きを作っていくことは、食品以外のさまざまな業界にも模範となる事例であると思います。その姿勢と努力に大きな敬意を表します。

■吉本豊・元経済産業省政策立案総括審議官

 初めてのコンテストにもかかわらず、多くのクオリティーの高い応募があったことはディープラーニングがいよいよ広く産業応用の段階に入ったことを実感させました。一方、せっかくのアイデアであっても経済的なインパクトの具体性に欠けるものも多く、来年以降の課題・期待とする声が大半の審査員共通の感想でした。

 選定にあたり、特に社会課題の解決、新たな分野へのチャレンジといった観点を重視しました。これらの観点から特筆したいのがユニファです。幼児教育と保育の充実は国民的な課題であることは言をまちません。一方、現場における人手不足の解消、労働環境の改善を、年々高まる品質の向上要請と両立させることは極めて緊急性の高い社会課題の一つです。

 ユニファは、これまでも保育の現場目線のユニークな発想でIoT技術の導入をうまく図ってきた実績のある企業です。今回、その経験をベースに現場目線はそのままに、いよいよディープラーニングの導入により、またしても現場負担の改善とサービスの質向上の両立を具体的に図ってみせました。

 写真の分類は最もディープラーニングが得意とするものであり、他分野でも応用例が簡単に見られるものかもしれません。しかし、古来、使い勝手が良く広がるのは“枯れた技術”であることが多いものです。

 日本全国に広がる3万を超える幼児教育、保育機関の現場への応用を考えると、また、それにより改善される現場負担を考えると、経済的インパクトですら、決して過小評価すべきではない、というのが審査員一同の一致した意見でした。今後、さらなる発展が期待されます。

■井﨑武士・エヌビディアエンタープライズ事業部事業部長

 昨今、ディープラーニングやAIのコンテスト、コンペティションは枚挙にいとまがありません。ただその多くが研究やPoC段階のものが多い。新たな技術は実社会で活用され、その恩恵を得て初めてその真価が問われると信じます。その意味でビジネスの売り上げや社会的・産業的インパクトを第1のポイントに置いた本アワードは価値あるものだと思います。数多くの高品質な応募内容に審査員一同頭を悩ましたが、蓋を開けると案外皆の意見が一致していたのは、選考ポイントが明確であったからでしょう。