ロボットやAIなどを駆使して人間の能力を高める「人間拡張」。未来の技術と思われがちだが、実は産業化が迫っている。「日経クロストレンドEXPO 2019」では、次のメガトレンドである人間拡張の最新デモを展示。それに先立ち、同分野の産業化をけん引する産業技術総合研究所の持丸正明氏に展望を聞いた。

「人間拡張」はビジネスになる! EXPOで特設展示も開催(画像)

 少子高齢化や労働力不足といった、社会課題を解決する手段として注目を集めているのが「人間拡張」の技術だ。

 人間拡張とは、さまざまなテクノロジーを駆使し、人間の本来の能力を飛躍的に高めることを指す。広い意味では肉眼では見えないものが認識できるようになる顕微鏡や望遠鏡もその一種と言われ、実は古くからある概念だ。だが今、ロボットや人工知能(AI)などのテクノロジーの急激な進化で、一気に産業化へと加速している。

 10月9日(水)~11日(金)に開催する「日経クロストレンドEXPO 2019」では、人間拡張に関する特別展示を実施。産業技術総合研究所(産総研)やMira Robotics(川崎市)の協力を得て、ビジネスや社会を激変させる可能性のある最先端テクノロジーを体験できる(イベントへの参加登録はこちら)。

テクノロジー頼みでは産業化できない

 日本市場での産業化をけん引するのが、今回のイベント展示に参加する産総研の「人間拡張研究センター」だ。2018年11月、千葉県柏市に設立された研究所で、センシングやAI、ロボティクスに加え、心理学、人間の感覚・認知科学、サービス工学など、様々な領域の研究者が集結している。

人間拡張研究センターの専門領域と応用分野の例(産総研の資料を基に編集部で作製)
人間拡張研究センターの専門領域と応用分野の例(産総研の資料を基に編集部で作製)
産業技術総合研究所 人間拡張研究センターのセンター長を務める持丸正明氏。専門は人間工学、バイオメカニクス、サービス工学
産業技術総合研究所 人間拡張研究センターのセンター長を務める持丸正明氏。専門は人間工学、バイオメカニクス、サービス工学

 同研究センターでは、人間拡張を「人に寄り添い、人を高める技術」と定義している。「人間拡張と言うと、サイボーグ化などによって人類ができないことを可能にする“超人化”の技術に目が行きがちだが、それだけではない」と、同研究センター長の持丸正明氏は語る。

 「ITやロボットを使って我々の能力を高められるのは、もはや当たり前。電卓を使えば素早く計算ができ、飛行機を使えば空を飛べるというのと同じことだ」と、持丸氏は指摘する。テクノロジーを使うことで人間単独のときよりも能力を拡張することはもちろん、継続的に利用して自身の能力も維持・増進できるようにすることを目指すのが、産総研のユニークさ。情報技術やロボット技術を活用したウエアラブル(装着できる)あるいはインビジブル(見えずにそばにある)のサポートシステムを研究開発している。