東京ゲームショウ一般公開日の9月14日・午後2時から、ホール10のe-Sports X BLUE STAGEを会場に『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』のスペシャルマッチが開催された。日本のプロチームらが発売前の最新作で激戦を繰り広げた。

MCを岸大河氏、実況はk4sen(カセン)氏、解説を鈴木ノリアキ氏と、『CoD』ではおなじみの3人が登壇。k4sen氏が要所要所をきちんと盛り上げ、鈴木ノリアキ氏がプレーの意味や勝負所、注目点についてのわかりやすい解説を加える安定の演出。eスポーツはこうした実況と解説の役割は非常に大きい
MCを岸大河氏、実況はk4sen(カセン)氏、解説を鈴木ノリアキ氏と、『CoD』ではおなじみの3人が登壇。k4sen氏が要所要所をきちんと盛り上げ、鈴木ノリアキ氏がプレーの意味や勝負所、注目点についてのわかりやすい解説を加える安定の演出。eスポーツはこうした実況と解説の役割は非常に大きい

最新タイトルのオープンベータが8月13日から公開に

 eスポーツの世界で『コール オブ デューティ(以下、CoD)』はとても人気の高いFPS(ファーストパーソン・シューター)タイトルだ。ただ、このシリーズは、同じ『CoD』というシリーズ名がつけられていても、第二次世界大戦、現代、近未来と、作品によってを舞台となる時代背景が異なるものが含まれるというユニークな特徴を持つ。

 eスポーツの競技種目として取り上げられる作品も年ごとに違い、昨年は第二次世界大戦の『~ ワールドウォーII(CoD WWII)』、今年は近未来の『~ ブラックオプス4(CoD BO4)』でプロ選手たちは激戦を繰り広げた。そして来年の公式大会では、現代戦を扱った『~ モダン・ウォーフェア(CoD MW)』で選手たちは戦うことになるとすでに決定している。

 ちなみにこの『CoD MW』、実は東京ゲームショウ2019の会期中には発売されてはいない。発売日は10月25日、つまり約1カ月も先なのだ。しかし、8月23日に「マルチプレイヤー先行アルファ」が、そして9月13日からはPlayStation 4版の「マルチプレイヤーオープンベータ」が先行で公開された。

 マルチプレイヤーオープンベータは、その名の通り、マルチプレイモードで数々の新マップや新モードをいち早く、それも無料で楽しめるというもの。あくまでもテスト版なので動作に不具合があったり、最終的な製品版では変わってしまう部分があるかもしれないが、いち早く新作タイトルに触れられると、ファンの注目を集めている。

 そんな状況のなか、リリースされたばかりの『CoD MW』を使って今回のスペシャルマッチは開催された。会場となったBLUE STAGEは満席。さらにその周囲を多くの立ち見客が取り巻くほどの大盛況だ。今年のTGSで行われたeスポーツイベントでもっとも多くの観客を集めたもののひとつとなった。

TGS2018で行われた『CoD WWII』のグランドファイナルにもスペシャルゲストとして登場したAttach選手。今年はRush GamingのGreedZz選手と組んで、そのプレーを披露した
TGS2018で行われた『CoD WWII』のグランドファイナルにもスペシャルゲストとして登場したAttach選手。今年はRush GamingのGreedZz選手と組んで、そのプレーを披露した