9月14日、東京ゲームショウの日本eスポーツ連合のブースでは、「第11回 eスポーツワールドチャンピオンシップ」Dota2部門の日本代表決定戦が行われた。『Dota2』は世界大会の賞金総額が30億円を超えるビッグタイトルにも関わらず、日本での知名度は低い。何が障壁になっているのか。

 東京ゲームショウのeスポーツ競技会「e-Sports X(クロス)」が開催されるようになって今年で3年目。ホール9-11に設置された2つの特設ステージは、毎年たくさんの来場者であふれている。

 今年の一般公開日1日目(9月14日)には、『パズドラ』と『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の大会が開催された。RED STAGEで『パズドラ』が盛り上がりを見せていたころ、そのすぐ後ろの日本eスポーツ連合(以下、JeSU)ブースでは国際eスポーツ大会の日本代表チームがまさに決まろうとしていたのだが、そのことを知っていた来場者がどれだけいただろうか。

 競技タイトルは『Dota2(ドータ・ツー)』。賞金が高額なことで有名なゲームだ。どのくらい高額かというと、『Dota2』の世界大会「The International 2019」の賞金総額が約3430万ドル(約37億円)。優勝チームの賞金は約1560万ドル(約16億8000万円)。5人1組で戦うゲームなので、単純に5で割ると1人当たり3億3000万円以上を獲得することになる。

 そんなビッグタイトルであるにも関わらず、日本での知名度はかなり低い。一体どんなゲームなのか? JeSUブースで行われた『Dota2』日本代表決定戦を見ながら、「観戦」のしやすさについて考えてみた。

スクリーンに表示された「日本代表決定戦」の文字。その緊張感とは裏腹に、ブースには長イスが左右に4台ずつあるだけで、かなり近くで観戦できた
スクリーンに表示された「日本代表決定戦」の文字。その緊張感とは裏腹に、ブースには長イスが左右に4台ずつあるだけで、かなり近くで観戦できた