東京ゲームショウ2019のe-Sports X(イースポーツクロス)RED STAGEにて、「DEAD OR ALIVE 6 World Championship “Fatal Match in Japan”」が開催された。上位4人にはプロライセンスが発給された。

朝9時からの熱戦を制したのは中央のシマズ選手。優勝賞金と「DEAD OR ALIVE 6 World Championship Finals」の出場権を得た。また、JeSUのプロライセンスが発給される
朝9時からの熱戦を制したのは中央のシマズ選手。優勝賞金と「DEAD OR ALIVE 6 World Championship Finals」の出場権を得た。また、JeSUのプロライセンスが発給される

 東京ゲームショウ2019一般公開日の初日、e-Sports XRED STAGEにて、コーエーテクモゲームスの人気対戦3D格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE 6』の大会、「DEAD OR ALIVE 6 World Championship “Fatal Match in Japan”」が開催された。『DEAD OR ALIVE 6』は、日本eスポーツ連合(以下、JeSU)の公認タイトルに先日認定されたばかり。今回は認定後、初めての大会だった。優勝のシマズ選手には、優勝賞金と2019年11月に東京で開催される「DEAD OR ALIVE 6 World Championship Finals」の出場権が、また上位4名にはJeSUのプロライセンスが発給された。

 「DEAD OR ALIVE」シリーズは1996年にアーケードゲームとして登場した3D対戦格闘ゲーム。『DEAD OR ALIVE 6』はその最新作だ。PlayStation 4やXbox Oneといった家庭用ゲーム機と、PC(Steam)向けに発売された。一部のキャラクターやストーリなどを楽しめる基本無料版も展開している。そのダウンロード数は150万本を超えているという。また、アーケードゲームとしても稼働中だ。

 東京ゲームショウ2019が開催されている幕張メッセ国際会議場の国際会議室では、9月14日の午前中から公募によって集められた参加者によって予選が行われ、勝ち進んだ8人の選手が決勝の参加権を得た。

 開催に先立ち、スペシャルゲストとしてマリー・ローズ役の声優である相沢舞さんが登場し、相沢さんのコールの元、決勝に勝ち残った8人の選手が登場した。場内の解説をしていたコーエーテクモゲームズの吉川氏によると「背中を向ける特性が不利な、あやねを使っている選手が2人も決勝トーナメントに残っているのは珍しい。海外の大会でもあまりない。開発チームでも注目度が高い」と語っていた。

スペシャルゲストとしてマリー・ローズ役の声優、相沢舞さんも登場。普段利用しているキャラクターは「リグ」という
スペシャルゲストとしてマリー・ローズ役の声優、相沢舞さんも登場。普段利用しているキャラクターは「リグ」という

 トーナメントはともにダブルエリミネーションのトーナメント方式で開催された。無敗の選手で競われるWinnersトーナメントと、Winnersトーナメントで1度敗退した選手で競うLosersトーナメントの双方の勝者で優勝決定戦を行う。Winnersトーナメントからは、あっしゅ選手、宮鹿選手、シマズ選手、Linerback選手が、Losersトーナメントからは、musenwara選手、keisuke選手、TeruRock選手、dora44769641選手が勝ち進み決勝トーナメントに進出した。

 対戦は1試合60秒で3ラウンド先取、先に2試合を先取したほうがその試合の勝者となる。格闘ゲームは画面の左右に別れて対戦をすることになるが、左右の位置の選択は事前にじゃんけんを実施し勝者が選択できるという。また、試合中のキャラクター変更は、直前の試合で負けた選手のみができる。

 格闘ゲーム大会の場合、競技で使うコントローラーは各選手が持参する。大型のアーケードタイプのコントロ―ラーを持ち込む選手もいれば、PlayStation4のコントローラーで戦う選手もおり、選手の好みに別れていた。対戦前はコントローラーを接続し、コントローラーが問題なく動作するか確認する時間が用意され、道具のせいにはできない緊張感を生み出している。

決勝に勝ち残った8選手。左からあっしゅ選手、宮鹿選手、シマズ選手、Linerback選手、musenwara選手、keisuke選手、TeruRock選手、dora44769641選手
決勝に勝ち残った8選手。左からあっしゅ選手、宮鹿選手、シマズ選手、Linerback選手、musenwara選手、keisuke選手、TeruRock選手、dora44769641選手