プロゲーマーによる『パズドラレーダー』の最強決定戦『DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019』が東京ゲームショウで開催された。鮮やかに優勝したゆわ選手だったが、中学生であったため規定により賞金が獲得できず、「プロとは何か?」をあらためて問いかける結末となった。

大会に参加した4人。左からゆわ選手、スー☆選手、あっき~選手、ゆーふぉ選手
大会に参加した4人。左からゆわ選手、スー☆選手、あっき~選手、ゆーふぉ選手

 東京ゲームショウ、9月14日。『DRAGON BOOST presents パズドラチャンピオンズカップ TOKYO GAME SHOW 2019』が、「e-Sports X RED STAGE」で開催された。現在の「パズドラ」には新生プロゲーマー3人を含む12人がプロライセンスを所持しており、その中から予選を勝ち抜いた3人と、東京ゲームショウで開催された敗者復活戦を勝ち抜いた1人によるトーメント制の大会だ。

大会の司会はFUJIWARAの藤本敏史さん。アシスタントMCは坂本麻子さんが担当
大会の司会はFUJIWARAの藤本敏史さん。アシスタントMCは坂本麻子さんが担当
左から実況のOooDa氏、解説のコスケ氏、ゲスト解説のなっち氏
左から実況のOooDa氏、解説のコスケ氏、ゲスト解説のなっち氏

 この大会は『パズドラレーダー』を使っての1対1の勝負。対戦はターン制で両者同時に操作し、相手プレーヤーのHPゲージを先にすべて破壊することを目指す。パズル操作の技術のみならず、スキル発動のタイミングの駆け引きが勝負を決める。1バトルごとにチームを変更して戦い、2本先取すると勝ち抜けとなる。

 ステージ上で行われた抽選により、準決勝第1試合はゆーふぉ選手対スー☆選手、第2試合は現在主要大会を連覇中のあっき~選手対ゆわ選手の組み合わせとなり、ステージでは激しい戦いが行われた。

 決勝は、それぞれを勝ち上がったゆわ選手とスー☆選手が激突。圧倒的な強さでゆわ選手が優勝を決め、優勝賞金500万円の大会を制する結果となった。ゆわ選手は中学生であり、年齢に関係なく、中学生であっても腕さえあれば頂点に立てるeスポーツの魅力を、これ以上ない形でアピール。若い世代へのeスポーツへの憧れを拡大させることに成功したといっていいだろう。

 優勝したゆわ選手は優勝トロフィーに加え、ドラゴンブースト1年分、明治アーモンドチョコレート1年分、ゲーミングヘッドセットATH-G1などの副賞を獲得。しかし、2~4位の選手が順位に応じた賞金を受け取る中、ゆわ選手だけが優勝賞金500万円を得られないという不思議な光景が、その後に待ち受けていた。

残念ながら準優勝に終わったスー☆選手
残念ながら準優勝に終わったスー☆選手
優勝に輝いたゆわ選手。まだ中学生である
優勝に輝いたゆわ選手。まだ中学生である
決勝戦の光景。ゆわ選手が2本を立て続けに取り、一気に優勝へと駆け上がった
決勝戦の光景。ゆわ選手が2本を立て続けに取り、一気に優勝へと駆け上がった
■変更履歴
賞品に一部誤りがありました。正しくは、「明治アーモンドチョコレート」です。お詫びして訂正します。[2019/9/17 16:35]