「eスポーツを地方創生に生かせないか」という新しい取り組みが広がっている。東京ゲームショウ2019(TGS2019)会場で、2019年9月13日に開いた専門セッションでは、カプコン、Cygames(サイゲームス、東京・渋谷)のほか、富山県と大分県のeスポーツ連合の代表者がeスポーツを広める方策を語った(モデレーターは日経BP・平野亜矢記者)。

「eスポーツ新展開! 地方創生の新活用を探る」をテーマに開催された「TGSフォーラム2019 専門セッション」会場の様子
「eスポーツ新展開! 地方創生の新活用を探る」をテーマに開催された「TGSフォーラム2019 専門セッション」会場の様子

 地方創生への取り組みとして成功している企業の1つが、カプコンだ。格闘ゲームの『ストリートファイター』で対戦する「ストリートファイターリーグ」と呼ばれる賞金制のリーグ戦があり、アーケードゲーム機で戦う「アーケードリーグ」、大学生や専門学生を限定とした「学生リーグ」、地方開催の「ルーキーズキャラバン」といったアマチュア向けの予選大会を開催している。

 それぞれのリーグで勝ち上がった人たちは、プロとチームを組んで試合ができる「ドラフト会議」に参加するべく、トライアウトとして試合を行い、その様子を見たプロゲーマーが適性のある選手を自分のチームメイトとして選出してチーム戦を行うのだ。

カプコンが開催している「ストリートファイターリーグ」の流れ
カプコンが開催している「ストリートファイターリーグ」の流れ

 カプコン執行役員グローバルマーケティング統括本部eSports推進統括の清水信彦氏は「ルーキーズキャラバンは地方でプレーヤーを発掘する目的がある。今年の大会はニュースにも取り上げられ、去年よりも盛り上がった」と成果を実感している。お盆休みの時期に熊本県嘉島町のショッピングモールで大会を開いたときには「ストリートファイターファンだけでなく子供も来てたくさん興味を持ってもらえた」(清水氏)。現在、地方から『eスポーツの大会を開きたい』との申請が増え、地元を盛り上げたいという動きが活発になっていることを実感していると語った。

カプコン執行役員グローバルマーケティング統括本部eSports推進統括の清水信彦氏
カプコン執行役員グローバルマーケティング統括本部eSports推進統括の清水信彦氏

 Cygamesも、スマホやPCで遊べるカードゲーム『シャドウバース』のeスポーツ大会を全国展開している。各地でeスポーツ大会を開きたいという企業や団体に向けて、開催を支援するという取り組みだ。このイベントはES大会と呼ばれ、ホビーショップや飲食店などで開催される。Cygamesメディアプランナーチーム マネージャーの松本竜也氏は「東京や大阪などの都市部は会場となる店舗や学校の数が多い。大会の開催数も増え、独自のコミュニティーが発展して定期的にイベントが開催されている」と説明する。特に盛り上がっている地域では1カ月で380回行われ、参加者数は3500人以上にも達するという。

Cygamesメディアプランナーチーム マネージャーの松本竜也氏
Cygamesメディアプランナーチーム マネージャーの松本竜也氏
Shadowverse ES大会は、8割の都道府県で月1回以上イベントが開催されており、他の都道府県からの参加者も少なくない
Shadowverse ES大会は、8割の都道府県で月1回以上イベントが開催されており、他の都道府県からの参加者も少なくない

地方の特性を生かしてeスポーツを広める

 独自の組織を設立し、eスポーツで地方を活性化させようとしている団体もある。その代表が富山県だ。「富山らしさ」を意識し、地域に根差したイベントを開催しようと、地元の人と協力しながら大会を運営している。

 富山県eスポーツ連合会長の堺谷陽平氏によると、2016年の春に開催した最初のイベントでは、参加者が5人くらいしか集まらず、苦戦したという。「地元の参加者に『どうしたら参加者が増えるのか』『どんな大会があるとよいか』など相談して手伝ってもらい、地域の特色を生かした企画を考案した」(堺谷氏)と振り返る。