JsSU主催のe-Sports 特別プログラムに登壇したアジアeスポーツ連盟(AESF)のケニス・フォック会長に、現在に日本のeスポーツの状況と、今後のアジアでのeスポーツ戦略について話を聞く機会を得た。ケニス氏が思い描くeスポーツの未来に、日本はどう対応すべきか。

 ケニス・フォック会長は、今年の1月に行わた「ニコニコ闘会議2019」を始め、頻繁に来日しており、日本のeスポーツの発展のために精力的に活動している。今回もJeSUが主催する特別プログラム「2019年度日本eスポーツ連合(JeSU)活動報告&発表会」に登壇した。そこで2020年に中国深センで開催されるeスポーツトーナメント「eMaster」について説明をした。

 イベント終了後、時間を頂き、「eMaster」を始め、AESFの活動や日本での展開などについて話しを聞いてきた。

 「ニコニコ闘会議」でJeSUの岡村会長と登壇したときに、アジアカップの開催について言及をしていたが、今回ケニス会長が説明したeMasterとは別の大会であり、さらにこの2に加えて大学選手権も行い、アジアで3つのeスポーツ大会を開催することに言及した。

 「アジアカップは競技性が強い大会になりますが、eMasterはもう少しゆるい感じの大会になります。アジアカップは現時点では言えることはありませんが、2020年には公式発表ができると思います」(ケニス会長)。

アジアeスポーツ連盟ケニス・フォック会長。
アジアeスポーツ連盟ケニス・フォック会長。

 昨年、インドネシアのジャカルタ/パレンバンにて開催された「アジア競技大会」では、デモンストレーション競技ながらeスポーツが参入し、その存在感を大きく示した。2022年に中国の杭州で開催されるアジア競技大会ではメダル競技になると言われており、その準備は着々と進んでいる。

 また、杭州大会の次の大会となる2026年大会は、愛知県名古屋市で行われることが決定しており、こちらでもeスポーツが種目になると見られている。ケニス会長によると、名古屋大会については、まだ大きな動きは見せていないが、すでにアジアオリンピック評議会(OCA)とは接触しているとのことだ。