東京ゲームショウの初日に実施された基調講演では、モバイル通信とスマホ、そしてゲームのキーパーソンが集結。日本で2020年の商用サービス開始が予定されている次世代の通信規格「5G」が、ゲームにどのような影響を与えるのか議論を繰り広げた。

通信会社、スマホメーカーそしてゲーム会社のキーパーソンが、5Gとゲームに関する議論を展開した
通信会社、スマホメーカーそしてゲーム会社のキーパーソンが、5Gとゲームに関する議論を展開した

ゲームに生きる5Gの技術とは

 2020年の商用サービス開始を控え、注目度が増している次世代のモバイル通信規格「5G」。東京ゲームショウの初日となる2019年9月12日には、基調講演「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」が開催された。

 講演では最初に、NTTドコモの執行役員 5Gイノベーション推進室長である中村武宏氏が5Gの特徴について解説。下りの通信速度が20Gbpsとなる「高速大容量通信」、ネットワーク遅延1ミリ秒を実現する「超高信頼低遅延」、1平方キロメートル当たり100万デバイスの接続ができる「超多数端末」の3つの特徴を持ち、これは現在主流の通信規格「4G」の10倍に相当する性能を目指したものだと説明した。

 同社では19年9月20日より5Gのプレサービスを実施し、「5Gオープンパートナープログラム」でさまざまな企業パートナーと連携しながらサービス開発を進めているという。だが中村氏は、これまで5Gのすごさをアピールしたことで興味・関心は大きく高まったものの、「誤解を与えてしまった面もある」と説明。スペック上の5Gの性能を最初から全て提供できるわけでなく、エリアも当初は一部に限定されるといった実態をよく知った上で活用を進めていく必要があると話した。

 モデレーターを務めた日経xTECHの山田剛良副編集長は、5Gは無線部分だけでなく、無線基地局に近い場所にコンピューターを設置することで遅延を小さくする「モバイルエッジコンピューティング」(MEC)や、ネットワークを仮想的に分割し、高速大容量や超高信頼低遅延を求める用途に応じて帯域を変化させる「ネットワークスライシング」など、実際の通信を司るコアネットワーク側にも新しい技術が導入されると説明。それによって1つのネットワークでゲームプレーから配信まで、さまざまな用途に対応できることが、ゲームにメリットをもたらすとの考えを示した。

モデレーターの山田剛良
モデレーターの山田剛良
MECやネットワークスライシングなど、5Gのコアネットワーク側に導入される技術が、ゲームには大きく影響してくると見られている
MECやネットワークスライシングなど、5Gのコアネットワーク側に導入される技術が、ゲームには大きく影響してくると見られている