ラジオ番組で鍛えた話術で動画配信にチャレンジ

――どんなジャンルをプレーされることが多いですか?

本田翼さん カプコンの『モンスターハンターワールド:アイスボーン』をやってます! いやぁ、楽しいですね! めちゃくちゃ楽しいです! なんかカプコンの人みたいになってますけど、新モーションのクラッチクローが追加されていたり、「マスター級」っていう新しいハンターランクの解放があったり、それが胸熱といいますか、楽しいです!

――お忙しいのにプレー時間は確保できますか?

本田翼さん 宝玉が出ないんですよね! 『モンスターハンター』はそこがね。一発で手に入ることがあれば、10回やっても手に入らないときもあって。でもそこが好きです! (望みのアイテムが)なかなか手に入らないところ、そこが好きです。

――「ほんだのばいく」では『Dead by Daylight』のプレーが話題になりました。

本田翼さん あのゲームは4人対1人の戦いなのですが、頭を使うところと仲間同士の場所の把握ができないドキドキ感であったり、キラー(殺人鬼)の能力に個性があって飽きません。アップデートでステージが追加されましたし、Netflixさんの「ストレンジャー・シングス」とコラボしたキラーが出るのでそれもすごい楽しみです。

――「頑張れ私のふくらはぎ!」など、配信では普段からはイメージできないような発言が聞けます。あれは本田さんの素が出ているのでしょうか?

本田翼さん そうですね、配信のときはけっこう素が出ているのかな、と思います(笑)。ラジオ番組をやらせていただいた経験があって、ラジオでは8秒間の無言が放送事故になっていまいます。それで鍛えられているところはありますね。