東京ゲームショウ2019では、幕張メッセの9~10ホールに「e-Sports X RED STAGE」「同 BLUE STAGE」という2つの特設ステージを設け、eスポーツの大会を実施する。

10月25日に発売予定の最新タイトル『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』
10月25日に発売予定の最新タイトル『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は2019年9月14日に、「e-Sports X BLUE STAGE」で、19年10月25日に発売予定の最新タイトル『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』を使ったスペシャルマッチを開催する。

 SIEは18年からFPS(First Person shooter)「コール オブ デューティ(CoD)」を題材にプロチームが参加するeスポーツ大会をプロデュースしている。18年は第2次世界大戦の世界を舞台にした『コール オブ デューティ ワールドウォーII』で、6チームによるリーグ戦を開催。19年は近未来戦を扱った『コール オブ デューティ ブラックオプス4(CoD:BO4)』で、世界大会への出場を懸けたトーナメント「CWL日本代表決定戦」を開催した。

 東京ゲームショウの会場では、これらの大会にも参加したプロチームが発売前の『CoD:MW』で戦いを繰り広げる。このスペシャルマッチの見どころを、SIEのジャパンマーケットビジネスプランニング部新規ビジネス企画&eSports推進課の森田晃徳課長に聞いた。

――18年のTGSでは半年間にわたるプロリーグ「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」の結果、1位、2位になったチームが対戦する「グランドファイナル」を開催しました。これに対し、今回のスペシャルマッチの見どころはどこでしょうか?

森田晃徳氏(以下、森田氏): 試合に使うタイトルが、発売前の『CoD:MW』だということでしょう。発売より1カ月も早い段階で、実機でのプレー、それもプロのハイレベルな戦いが見られます。

 試合に使うゲームモードは「Gunfight」。本作から新しく追加されたモードで、2人対2人で戦います。人数が少ない分、マップも狭く、非常にテンポの速い超接近戦になるのが特徴です。

2018年のTGSでは、「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」の「グランドファイナル」を開催。会場には多くのファンが集まって声援を送った(写真/加藤康)
2018年のTGSでは、「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」の「グランドファイナル」を開催。会場には多くのファンが集まって声援を送った(写真/加藤康)

――出場するのはどんな人たちですか?

森田氏: 『CoD:BO4』の日本代表決定戦にも出場した、4つのプロチームです。

 発売前のタイトル、しかも今までにない新モードとはいえ、日本を代表するチームで戦う猛者たちですし、先に公開されたアルファ版を入手してみっちりと練習を積んでいます。当然、プロならではの技術や戦術、戦略を用意してくるはずで、それを新しいゲーム、新しいモードと掛け合わせたときに、どんな結果につながるかが注目点ですね。