東京ゲームショウでは、人気タイトルのeスポーツ大会が複数開催される。熱い勝負の行方はもちろんのこと、楽しみは有名プレーヤーに身近で会えること。ということで、カメラマン・志田彩香がeスポーツ選手に突撃。オンとオフの表情を切り取った。

 eスポーツ好きは、各選手の試合中の厳しい表情、オフの穏やかな表情を楽しんで。eスポーツにあまり詳しくない人は、ここで気になる選手をチェック。推しの選手を見つければ、今後の観戦が楽しくなるはず。

 まずは、2019年9月14日に、1000人規模が参加して行われた『ストリートファイターV アーケードエディション』の「CAPCOM Pro Tour アジアプレミア」予選大会から、梅原大吾選手や板橋ザンギエフ選手らのベテラン勢、人気上昇中の竹内ジョン選手など8人をチョイス。

梅原大吾選手(左)とカワノ選手
梅原大吾選手(左)とカワノ選手
板橋ザンギエフ選手
板橋ザンギエフ選手
板橋ザンギエフ選手
板橋ザンギエフ選手
トラッシュボックス選手
トラッシュボックス選手
トラッシュボックス選手
トラッシュボックス選手

(写真/志田彩香)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト

この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。アマゾンでは試し読みもございますので、ご覧ください。

アマゾンで購入する