一般公開日が始まった東京ゲームショウ2019(TGS2019)。レノボブースはトップアイドル・宮脇咲良の登場で幕を開けた。展示の目玉はeスポーツ人気を反映し、同社のゲーミングPC「LEGION」……のはずだが、レノボ・ジャパンの広報が“自慢”したかったのはPCではなかった。

日経クロストレンドの人気コラムニストもTGS参戦

 日本が注目する一大イベントだけに、TGS2019の会場を歩けば知り合いに出くわすことも珍しくない。今回はレノボブースに親しい人を発見した。レノボ・ジャパンの敏腕広報にして、NECパーソナルコンピュータの広報部長でもある鈴木正義氏。言わずと知れた、日経クロストレンドの人気連載「風雲!広報の日常と非日常」の執筆者だ。もちろんレノボがTGSに出展を決めた段階で広報の鈴木氏が来場するのは想定できたので、偶然出くわしたわけではない。単にこちらから顔を見に、ふらりとブースを訪れただけだ。

TGS2019一般公開初日、大勢の来場者でにぎわうレノボブース
TGS2019一般公開初日、大勢の来場者でにぎわうレノボブース

 実はそろそろパソコンの買い替えを検討していたので、展示されているLEGIONの現物を前に、鈴木氏から「これ、お買い得ですよ~」と背中を押してもらうつもりだった。「確かに広報は営業マンのような一面があります」などと堂々コラムに書いているくらいだから(関連記事「お偉いさんから『広報はタダだから……』と言われて」)、こちらも「仕事もゲームもこれ1台で完璧。絶対損はさせません」とか、「穴の開いたデザインが部屋のアクセントになると思うんだけどな~」といった、報道記者をも惑わせる軽妙な語り口のトークが始まるかと待ち構えていた。

 おもむろにLEGIONに手を伸ばした鈴木氏。さあ、お薦めトークの始まりだ。内容次第では購入を真剣に検討しよう。

「ここ、見てください」と取っ手を握りしめるレノボ・ジャパン広報の鈴木正義氏
「ここ、見てください」と取っ手を握りしめるレノボ・ジャパン広報の鈴木正義氏
「私じゃないほうがいいですね」と鈴木氏からコンパニオンにバトンタッチ。はい、やはり“じゃないほうがいい”です
「私じゃないほうがいいですね」と鈴木氏からコンパニオンにバトンタッチ。はい、やはり“じゃないほうがいい”です
鈴木氏が自慢したいのは、これなのか……
鈴木氏が自慢したいのは、これなのか……

 鈴木氏はLEGIONの本体上部にある「取っ手」を、ぐっと握りしめた。本体の軽さでもアピールしたいのだろうか。「ここ、見てください」と強調する(だから取っ手ですよね)。これがLEGIONのアピールポイントなのか。けげんな顔をしていると、次に鈴木氏は「あれを見てください」とブースに設置した巨大なLEGIONのオブジェを指さした。何を言ってるのか全く分からない……。

 「あの大きなLEGION、下からだと取っ手が見えないでしょ。でも、ちゃんと付いているんですよ」(鈴木氏)

確かに下から見上げると、取っ手があるようには思えない
確かに下から見上げると、取っ手があるようには思えない

 そんなもの、誰が気にするか! と突っ込みたくなったが、鈴木氏のあまりのどや顔に「えーっ!! さすがこだわってますね~」と大人の対応を返すしかなかった。そこから先は言わなくても分かっている。レノボについて何か面白い記事を書けということだ。