芸能界随一の格闘ゲーマーとして知られるゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、昨年に続き、東京ゲームショウ2019を体験レポート。今回は大好きな格ゲー以外をプレーし、ゲーマーとしての新境地を開拓していく。

 ゴールデンボンバー(金爆)の歌広場淳さんと遊び尽くしたTGS2019。「やったことのないゲームに挑戦したい」と、今年は大好きな格ゲーを封印し、未体験のゲームに挑み続けた。ゆえに苦戦する場面も多かったが、一番印象に残っているタイトルを聞いてみると、意外にも『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』だったという。

何度もキルされていたが途中で投げ出さなかった『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』
何度もキルされていたが途中で投げ出さなかった『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』

 その理由について、「そもそもゲームパッドを握ったことがないから、全然まともに操作できず、しかも時間も短いものでした。にも関わらず、自分のプレーに変化や成長を感じることができたんです。だから、あんなにズタボロになりながらも、実はすごく楽しかったんですよ! 1回目と3回目では動きがやっぱり違ったはず。その違いがある限り、僕はゲームを嫌いにならずに済むんです。もっとプレーしたいと思いました」と歌広場さんは話す。

 続けて、「なぜ僕はゲームが好きなんだろうと考えたとき、ゲームの持つ自由さが好きだと気付いたんですね。この自由さを手に入れることは、できないところからできることを増やしていくものだと思います。コール オブ デューティで、操作を覚えていくことで、ゲーム内で少しずつ自由になっていく感覚を味わえました。それがめちゃめちゃ面白かった。子どもの頃にできなかったことができるようになる、世界がぐっと広がっていくあの感覚を味わえたんです!」と話してくれた。

『プロジェクト レジスタンス』も操作に苦しんでいた歌広場さん。でも確かに夢中になっていた
『プロジェクト レジスタンス』も操作に苦しんでいた歌広場さん。でも確かに夢中になっていた
3Dになって操作や情報が複雑になっていた『CONTRA ROGUE CORPS』も忘れられない思い出
3Dになって操作や情報が複雑になっていた『CONTRA ROGUE CORPS』も忘れられない思い出