芸能界随一の格闘ゲーマーとして知られるゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、昨年に続き、東京ゲームショウ2019を体験レポート。今回は大好きな格ゲー以外をプレーし、ゲーマーとしての新境地を開拓していく。

 歌広場さんが次に向かったのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)。ブースではPlayStation 4のさまざまなタイトルを試遊できるが、まずは「コール オブ デューティ」の最新作、2019年10月25日に発売される『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』に挑戦!

SIEのブースにやってきた!
SIEのブースにやってきた!

 「コール オブ デューティ」は言わずと知れたFPSの名作。最新タイトルでは、敵味方の動きが生身の人間に近くなっており、よりリアルな戦場っぽさが味わえるという。試遊では、6人1組のチーム対戦を楽しめる。

 いざ試遊台にスタンバイし、ゲームパッドを握った歌広場さんがあることに気付く。「このパッド、初めて見ます」と。そう、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の試遊台に設置されていたのは、9月6日に発売されたばかりのPlayStation 4用eスポーツ仕様のコントローラー「レボリューションアンリミテッドプロコントローラー」だった。

「これ、いつもと違う。プロ仕様ね、なるほど~」
「これ、いつもと違う。プロ仕様ね、なるほど~」

 いよいよバトル開始! さぁ始まったと思った瞬間、画面には歌広場さんのキャラが地面に突っ伏している!? まさか、もうやられただと…。歌広場さんも何が起こったのかわからず混乱。そんな状況のままリスポーンしてゲームを再開する。おぼつかない足取りで前へと進むも、あっという間に撃たれてしまう…。

「え、え、ちょ、え」
「え、え、ちょ、え」
「なんで!? どこから!?」
「なんで!? どこから!?」
 リスポーンしては撃たれ、移動しては撃たれを繰り返す歌広場さん。5秒に2回はキルされている…そんな勢いだ。
「なんで!? どこから!?」(2回目)
「なんで!? どこから!?」(2回目)
 それでもへこたれず前を向く。「僕がやられると、倒した人の視点に一瞬切り替わるんですが、みんな小刻みに動いてる。もうわかった!」と、FPSならではの動き方に気付く。歌広場さんは無防備に動きすぎていたのだ。