芸能界随一の格闘ゲーマーとして知られるゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、昨年に続き、東京ゲームショウ2019を体験レポート。今回は大好きな格ゲー以外をプレーし、ゲーマーとしての新境地を開拓していく。

 歌広場さんが次に訪れたのはコナミブースだ。ゴールデンボンバーは、“ボン”つながりで「ボンバーマン」と「ボンカレー」とコラボレーションしており、TGS2019では14日(土)の12:10からコナミブースのステージに登壇する(みんな急げ!)。

やってきたのはコナミブース。14日(土)12:10からのイベントに歌広場さんも出演!
やってきたのはコナミブース。14日(土)12:10からのイベントに歌広場さんも出演!

 プレーするのは「ウイニングイレブン」だが、TGS2019が世界初公開となる「eFootball ウイニングイレブン AR 体験コーナー」を楽しむことに。

 これはAR(拡張現実)を用いたゲームで、タブレット端末を使って遊ぶ。カメラをテーブルにかざすと選手たちが出現、テーブルをピッチに見立てて、ゲーム内の選手たちがサッカーの試合を行うというもの。まだ開発段階で、配信するかどうかも未定らしい。

体験コーナーにはタブレットとテーブルがあるだけ。「何が起きるの?」と怪訝な表情を浮かべる歌広場さん
体験コーナーにはタブレットとテーブルがあるだけ。「何が起きるの?」と怪訝な表情を浮かべる歌広場さん