芸能界随一の格闘ゲーマーとして知られるゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、昨年に続き、東京ゲームショウ2019を体験レポート。今回は大好きな格ゲー以外をプレーし、ゲーマーとしての新境地を開拓していく。

 東京ゲームショウ2019では、格ゲーを封印して会場をまわると決めたゴールデンボンバー(金爆)の歌広場さん。前回『プロジェクト レジスタンス』を楽しんだカプコンブースで、続いて『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を試遊することに。

引き続きカプコンブースでモンハンをプレー
引き続きカプコンブースでモンハンをプレー

 PlayStation 4版が先日発売されたばかりの『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、「モンスターハンター」シリーズの最新作『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ。新たなフィールドやモンスター、装備品やアクションなどが追加され、『モンスターハンター:ワールド』のさらなるストーリーを楽しめる。「過去にモンハンはやり込んだ」という歌広場さん、今回は自信があると話す。

今回は自信があるという歌広場さん
今回は自信があるという歌広場さん

 4人パーティで「森の大食漢 ドスジャグラス」というクエストに挑戦。歌広場さんが操るのは、太刀装備の女性キャラ。モンハンにハマっていたのはPSP時代ということもあり、最初はゲームパッドでの操作に戸惑いながらも徐々に感覚をつかんでいく。

「ドスジャグラス見つけたー!なんだこいつー!?」
「ドスジャグラス見つけたー!なんだこいつー!?」
「逃げるぞー!みんな追いかけろー!」と、真っ直ぐ走れない歌広場さんが指示を出す
「逃げるぞー!みんな追いかけろー!」と、真っ直ぐ走れない歌広場さんが指示を出す
「ドスジャグラス、討ち取ったり~!」
「ドスジャグラス、討ち取ったり~!」