芸能界随一の格闘ゲーマーとして知られるゴールデンボンバーの歌広場淳さんが、2018年に続き、東京ゲームショウ2019(TGS2019)を体験レポート。今回は大好きな格ゲー以外をプレーし、ゲーマーとしての新境地を開拓していく。

 18年に続き、東京ゲームショウの会場・幕張メッセに現れたゴールデンボンバー(金爆)の歌広場淳さん。「今年もやってきました! どんなゲームに出合えるのか楽しみです!」と大興奮。そんな歌広場さんが開場直後に向かったのはカプコンブースだ。

「ストV」好きの歌広場さん、カプコンブースへ
「ストV」好きの歌広場さん、カプコンブースへ

 「やったことがないゲームに挑戦したくて仕方がない」と、先日のインタビューで語っていた歌広場さん(関連記事「金爆・歌広場淳、ゲームショウでは苦手なゲームに出合いたい!」)。そこまで言うなら、今年のゲームショウ巡りは大好きな格ゲーを封印しようではありませんか。

 最初に試遊するのは『プロジェクト レジスタンス』。人気ホラーゲーム「バイオハザード」シリーズの世界観をオンライン化した現在開発中のタイトルだ。プレーヤーは「マスターマインド」と呼ばれる悪役1人と、生還を目指す「サバイバー」の4人に分かれて戦う「非対称対戦サバイバルホラー」。マスターマインドはマップ上の監視カメラを操り、巧みにトラップを仕掛けてサバイバーを襲う。サバイバーは各プレーヤーと協力し、時間内に脱出を試みる。

ゲームの説明を聞く歌広場さん。「あれ? これってバイオハザードだよね?」
ゲームの説明を聞く歌広場さん。「あれ? これってバイオハザードだよね?」
サミュエルというキャラでプレー開始。「イケメンだからやる気が出る!」
サミュエルというキャラでプレー開始。「イケメンだからやる気が出る!」

 まずはサバイバーとしてゲームスタート。「ストV」のように華麗なテクニックを披露してくれると思いきや、真っ直ぐ移動することすらままならない。それもそのはず、歌広場さんの主戦場は格闘ゲーム。しかもアーケードコントローラーしか使っていないため、ゲームパッドの操作自体が危うい。仲間たちに置いて行かれ、マスターマインドによるトラップにも見事にハマる。「誰だよ、こんなところにトラバサミ置いたやつ~!」

襲いかかる敵にもうパニック!「□ボタンってどれ? 中パンチ?」
襲いかかる敵にもうパニック!「□ボタンってどれ? 中パンチ?」
見かねたスタッフのお姉さんが手を差し伸べるも為す術なし…
見かねたスタッフのお姉さんが手を差し伸べるも為す術なし…

 サバイバーチームは生還ならず。チーム内にはバイオハザードやFPS(First Person shooter)をたしなむ仲間もいたが、脱出するには謎解き要素もあるため、マスターマインドの妨害をかいくぐりながらのクリアはなかなか難しそうだ。

「くぅ~、何もできなかった~」
「くぅ~、何もできなかった~」