eスポーツ大会のゲストやMC、総合ゲームエンターテインメント集団「ReMG(THE REBELS eMPIRE GAMING PROJECT」への加入など、ゴールデンボンバーでの音楽活動に加え、ゲーム、eスポーツ分野でも活躍する歌広場淳さん。最終回は、日経クロストレンドの東京ゲームショウ2019(TGS2019)特設サイトのゲストリポーターとして参加するTGS2019への期待を語った。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さん
ゴールデンボンバーの歌広場淳さん
歌広場 淳(うたひろば じゅん)さん
1985年生まれ。ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース担当。大のゲーム好きで、全国ツアー中は各地へアーケードコントローラーを持ち回り、会場や宿泊ホテルでゲームを行うほど。eスポーツイベントに自ら出場したり、解説やMCも務めたりと、eスポーツへの造詣も深い

――2018年に続き、19年も日経クロストレンドのTGS2019特設サイトで、ゲストリポーターとしてTGS2019(19年9月12~15日、千葉・幕張メッセで開催)の取材をしていただくことになりました。

歌広場淳さん(以下、歌広場): 18年と同じように、いろんなゲームとの出合いを体験したいです!

『Dead by Daylight』で見方が変わった

――TGS2018でもさまざまなゲームに挑戦していただきました。「ストリートファイター」以外のゲームにも関心が向いたことに、その経験は影響しているのでしょうか?

歌広場: 影響していますね。18年は『JUDGE EYES:死神の遺言』(セガゲームス)や『デビルメイクライ5』(カプコン)を遊びましたが、中でも『Dead by Daylight』(開発はBehaviour Digital)の影響が大きいですね。

 『Dead by Daylight』の体験プレーでは、僕がキラー(殺人鬼)、ゲームをほとんどやったことがない事務所のスタッフ3人がサバイバー(生存者)を担当して、4人でプレーしたんですね。それがもう面白くて! 「ゲームやったことない!」「分かんない!」ってスタッフと一緒にワーキャー言いながら、「これぞゲームだよね!」と盛り上がったんです(笑)。

 僕はゲームをずいぶん知っているという気持ちになっていたんですが、18年のTGS取材で未体験のものがたくさんあることを思い知りました。特にあのときに『Dead by Daylight』を体験したことが間違いなく今につながっていますね。

――19年のTGSでオフィシャルサポーターを務める本田翼さんも、自身のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」で『Dead by Daylight』を紹介されていました。

歌広場: あれには「やられた!」って思いました(笑)。「僕も『Dead by Daylight』は面白いと思ってたんだよ! でもやる時間なかったんだよ! なぜなら『ストリートファイターⅤ』をやってたから!」ってじだんだ踏んでました(笑)。

 「しかも『ストリートファイターⅤ』、どんどん辛くなってきてるんだよ! 勝てないし、苦しいし! でもポイントを稼がないとならないし! 『Dead by Daylight』でニコニコしてるのは100倍楽しいだろうな!」って(笑)。