テレビでもeスポーツの取り上げ方が変わった

――この1年で歌広場さんの中のeスポーツやゲームに対する感覚が変化したことがよく分かりました。一方で、eスポーツを取り巻く外的環境の変化もよく見えたのではないでしょうか?

歌広場: はい。1つは、eスポーツを取り上げる側の視点が変わってきた気がしますね。例えばテレビ番組なら、ときど選手や梅原選手といったトップクラスのプロゲーマーをカリスマ的な存在として扱うほうが作りやすいんですよね。でも、彼らはアスリートだから、勝つことも負けることもある。特別な存在と闇雲にたたえるのではなく、「アスリートとして努力しているからこそ、その強さが保たれている」というように、より深い部分までスポットが当たるようになりました。

 一般のスポーツを扱う番組なら自然とやっていることですが、ゲームを題材にした番組にもそれが適用されるようになってきた。eスポーツに対する理解とリスペクトがより進んだからだと思います。

 加えて、テレビ局やラジオ局でいろいろな方に「僕もゲーム好きなんですよ」と話し掛けられるようになりました。メディアにもゲームが好きな人は思った以上に多い。つまり、ゲームを好きじゃない人が番組を作っているわけじゃないんだということです。これに気づいて、少し安心しました。

 ゲーマーの中には、「eスポーツがはやり始めて、ゲームを好きでもない人たちがわらわらと寄ってきた」という感覚を抱いている人がいます。でも、メディアの中から見ると、番組制作側にも分かっている人たちはたくさんいる。これはぜひ言っておかないと、と思っています。

「eスポーツを取り上げる側にもゲーム好きは多い。取り上げ方も変わってきた」と歌広場淳さん
「eスポーツを取り上げる側にもゲーム好きは多い。取り上げ方も変わってきた」と歌広場淳さん

――ゲームを知らない人が番組を作っているように感じるのは、ゲームが分からない人にも伝わることを狙ったフォーマットに落とし込んでいるからなのでしょうか?

歌広場: そうですね。以前は実際に分からないまま作っている人もいたかもしれませんが、今はそうではないケースが多くなってきたと思います。“演出”である場合もあります。

 「これは発明だな」と思ったのは「お願い!ランキング」というテレビ朝日の番組。『ストリートファイターⅤ』で対戦中のゲームシーンを流すときは、残りの体力をわざわざ数字で表示するんです。ゲーマーからすれば、残りの体力なんて、体力ゲージを見れば分かるじゃないですか(笑)? でも、あえてそこに数字を併記する。「100」が「5」になれば、誰にでも「やべぇな」って危機感が伝わる。これはゲームをする人というより、テレビ番組制作の作法を熟知した人の発想ですよ。

 これを見たとき、「僕らはゲームを知らない人に伝える努力を怠っていたんだな」と思い知らされました。“僕ら”っていうのは、ゲームを遊び、その魅力を広めようとしている人たち、ゲームを知ったつもりになっている人たちです。

――ゲームをよく知る人が経験によって見えなくなっている部分を上手に掘り起こしているんですね。

歌広場淳さん(以下、歌広場): ゲームを知らない人だからこそ、「おっ!」と思わせる伝え方を考えてくれる。歩み寄ってくれている感じがありましたね。

――eスポーツ関係者に取材すると、皆さん、見せ方の工夫を語ります。ゲームが遊ぶものから見せるものになるとき、その見せ方は課題でしょうね。

歌広場: 大会主催者や配信者、番組制作者だけでなく、プレーヤーの側もそこは課題ですね。「レッドブル・アスリート」(オーストリアの飲料メーカー、レッドブルの支援を受けるスポーツ選手の総称)の1人であるガチくん選手(金森識裕選手)と話したときのことなんですが……。レッドブルの支援を受けるのはアスリートとして名誉なことだし、ゲーマーとして近年は目覚ましい活躍もしています。だから「今、楽しいでしょう?」と軽く聞いてみたら、「楽しいけど、つらいっすわぁ。面白いコメント言えないんすわぁ」って(笑)。

 本来プレーヤーに重要なのはそこじゃないようにも思うんですけど、本気で悩んでいました。プレーヤーにもそういうタレント性が求められているということなんでしょうね。

※3回目に続く

(写真/酒井康治=日経クロストレンド編集)