2019年9月12~15日に開催される「東京ゲームショウ2019(TGS2019)」では、eスポーツ大会が多数開催。18年に続き日経クロストレンドのTGS2019特設サイトのゲストリポーターを務めるゴールデンボンバーの歌広場淳さんに、eスポーツシーンの今を聞く。集中連載の1回目。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さん
ゴールデンボンバーの歌広場淳さん
歌広場 淳(うたひろば じゅん)さん
1985年生まれ。ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース担当。大のゲーム好きで、全国ツアー中は各地へアーケードコントローラーを持ち回り、会場や宿泊ホテルでゲームを行うほど。eスポーツイベントに自ら出場したり、解説やMCも務めたりと、eスポーツへの造詣も深い

 eスポーツの話題が一気に花開いた2018年。大のゲーム好きで、カプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズのすご腕プレーヤーとしても知られる歌広場淳さんは、eスポーツの伝道師として、さまざまな番組やイベントに出演し、その魅力を広く伝えてきた。

 歌広場さんにとって、ゲームの楽しさとは何か。“eスポーツ元年”と呼ばれた18年から現在に至るこの1年は、どんなものだったのか? 自身のゲーム遍歴から、イベントやテレビ番組の制作サイドに立つことで見えたeスポーツへの期待と課題まで語ってもらった。

“eスポーツ元年”がやっと来た

――この1年でeスポーツを取り巻く環境はかなり変化しました。歌広場さん自身、eスポーツ関連のイベントやテレビ番組の出演などで大忙しでしたね。

歌広場淳さん(以下、歌広場): 激動でした。この1年間いろいろなことがあって、僕もゲームやeスポーツに関する考えがかなり変わったと思います。昨年のインタビュー(関連記事「金爆・歌広場淳『人生の大事なことはゲームセンターで学んだ』(1)」)と比べると、全然違うことを言ってしまうかもしれません(笑)。

――そのあたりを伺っていきたいと思いますが、まずは改めて歌広場さんとゲームの出会いから聞かせてください。

歌広場: 僕が最初にゲームに触れたのは、父が買ってきてくれた任天堂の「ファミリーコンピュータ」でした。野球ゲームのソフトも買ってきてくれて、それが初めて遊んだゲームだったんですが、僕はあまり楽しめなかったんです。

 理由を考えてみたら「自分で選んだタイトルじゃなかったから」だったんですね。そこから、自分が楽しいと思えるゲームを探し始めました。そして、初めて自分で選んで買ってもらったのが、当時のナムコが出していた『ハイドライド3 闇からの訪問者』だったんです。

 このゲームは難度が高くてクリアもできなかったんですが、めちゃくちゃ楽しくて。そうした経験が根底にあるので、ゲームに限らず「自分で選ぶこと」を楽しむ少年になっていきました。

 今でこそeスポーツという言葉も浸透しつつありますが、ゲームって本質的に「無駄なもの」なんですよね。以前は「ゲームをやっている」と言うと、「オタクだね」とか「何か意味があるの?」といった反応が返ってくることも珍しくありませんでした。

――それでもゲームを止めることはなかったんですね。

歌広場: そこは「自分で選んだ遊びだ」という自負があったからでしょうね。好きという自覚がとても強かったんだと思います。結果的にゲームが「eスポーツ」として日の目を見る時代が訪れたことで、「無駄なもの」が「仕事」として関わるものに変わりました。

 近年は毎年のように「日本でもeスポーツが本格的に幕を開ける」と言われていましたが、なかなかそうはならなかった。それだけに18年の「eスポーツ元年」は「やっと来た」という思いと同時に、「突然」という感覚もありました。もちろん、いろいろなところで多くの方が努力してきた結果が今のeスポーツ隆盛につながっているのですが、それを踏まえても突然でしたね。eスポーツの大会も増えましたし、一気に認知が広がったと思います。