試遊はわずか15分しかない

 夏を思わせるコントラストの効いたグラフィックも特徴的だ。従来の「アトリエ」シリーズよりも影の描写が豊かで、とりわけ夜空の表現がすばらしい。東京ゲームショウの試遊時間内にフィールドの昼・夜両方を体験するのは難しそうだが、ぜひ今までの「アトリエ」とはひと味違うグラフィックを堪能してほしい。

 試遊台は全部で10台(PlayStation 4とNintendo Switchが5台ずつ)。試遊時間は15分だ。昨年出展された『ネルケと伝説の錬金術士たち~新たな大地のアトリエ~』の試遊時間が30分だったことを思うと、15分間は本当にあっという間に終わる。採取や戦闘システムを体験したい人は、チュートリアル終了後すぐに「島の対岸」へ向かうといいだろう。スティックでアングルを変えながら、夏を感じさせる日差しや木々の陰影に目を凝らしたり、ライザの衣装やアクションを360度じっくり観察するだけでも新しい「アトリエ」体験になるはずだ。

ビジネスデイは両日ともに開場後すぐ30分待ちとなった
ビジネスデイは両日ともに開場後すぐ30分待ちとなった
試遊特典はオリジナルクリアファイルと、物販ブースの買い物で特典がもらえる引換券(がすとちゃんの名刺)の2種類だ(なくなり次第終了)
試遊特典はオリジナルクリアファイルと、物販ブースの買い物で特典がもらえる引換券(がすとちゃんの名刺)の2種類だ(なくなり次第終了)

(文・写真/大吉紗央里)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト