回避にも慣れてきたかなと思ったら、新しい敵に出会いあっさり落命。「焼死」「刺死」など、死因が表示されるのが生々しい
回避にも慣れてきたかなと思ったら、新しい敵に出会いあっさり落命。「焼死」「刺死」など、死因が表示されるのが生々しい

圧巻の試遊42台 『仁王2』はキャラメイクも可能【TGS2019】

2019年09月13日
  • タイトル画面を見るだけでも気分が盛り上がる
  • 本作から可能になった「外見設定」。本編では「おはぐろ」などの和風な設定もあるとのこと
  • 美しくも妖しげなグラフィックス(画像提供:コーエーテクモゲームス)
  • 妖怪が行く手を阻んでくる!(画像提供:コーエーテクモゲームス)
  • 回避にも慣れてきたかなと思ったら、新しい敵に出会いあっさり落命。「焼死」「刺死」など、死因が表示されるのが生々しい
  • 中ボスとは戦えたものの、試遊版のボスまでたどり着くことができなかった。「死にゲー」タイトルをプレーしたことがある人なら、ボス・馬頭鬼との戦闘を楽しめるはずだ
  • 試遊エリアの様子