来年35周年を迎える「三國志」シリーズから、4年ぶりの新作『三國志14』が東京ゲームショウで世界初の試遊可能な状態で出展された。過去さまざまなシステムや戦闘モードが採用されてきたが、本作は初期の「シンプルに国盗りを楽しむ」点を重視したタイトルになっている。

『三國志14』メインビジュアル イラスト/日田慶治
『三國志14』メインビジュアル イラスト/日田慶治

発売日が2020年1月16日に決定

 東京ゲームショウのビジネスデイ初日(9月12日)、コーエーテクモブースでは『三國志14』のステージイベントが開催された。シリーズの生みの親であるシブサワ・コウ氏と、本作のプロデューサー越後谷和広氏が登壇。「今冬発売」と言われていた『三國志14』の発売日が2020年1月16日になったとシブサワ・コウ氏が発表した。

 「三國志」シリーズは舞台となっている中国本土でも人気を博しており、最新作『三國志14』を正式に発表したのは中国のオンライン配信番組だった。「690万人以上がアクセスし、生配信を見てくれた。応援コメントもたくさんいただいた」とシブサワ・コウ氏が明かした。

 ステージイベントでは、越後谷和広氏がPC版の実機プレーを披露。「土地を制するものが天下を制す」がコンセプトの本作は、マップに表示される一つひとつの「土地」が戦略単位になっている。自分の土地は守りながら、敵地を攻め崩して勢力を広げていく。その際、自陣と敵陣はそれぞれ異なる色で塗りつぶされているため、戦況を一目で把握できるのが特徴だ。

 この色を塗り広げる表現は、「三國志と言えば、土地を奪い合うのが醍醐味」と語る越後谷プロデューサーがこだわった部分。初代『三國志』の「シンプルに国盗りを楽しむ」という魅力を、最新の技術で蘇らせたのが『三國志14』なのだ。PC版ではマウスをスクロールすることでカメラのズームイン・アウトを切り替えられるので、画面を引いて戦略を練ることも、アップにして前線の臨場感を味わうこともできる。

画面いっぱいに広がる青い土地が自陣(曹操軍)
画面いっぱいに広がる青い土地が自陣(曹操軍)
カメラをアップにしていくと、前線で戦う兵の様子を見ることができる
カメラをアップにしていくと、前線で戦う兵の様子を見ることができる