バンダイナムコエンターテインメントブースの目玉作品である『ONE PIECE 海賊無双』と『ドラゴンボールZ KAKAROT』。大人気の国民的コミックを原作とする両ソフトは、ファンならばにやりと楽しめる要素が満載。なおかつ小さなお子様でも問題なく楽しめる爽快アクションゲームだった。

 バンダイナムコエンターテインメントのゲームといえば、やはり週刊少年ジャンプの人気コミックのゲーム化作品は外せない。さっそく体験プレイをすることに。

 まずは『ONE PIECE 海賊無双』(PlayStation 4・Nintendo Switch・XboxOne/2020年発売予定/価格未定)から挑戦。「ONE PIECE」の世界観で「無双」シリーズのアクションが楽しめる豪快きわまりないゲームだ。ブース内には8台の試遊台が用意され、15分間の体験プレーが可能だった。

 プレー可能だったのは、ルフィを操作してアクションのチュートリアルを体験し、最後にビッグ・マムとのボス戦を堪能できる「作戦失敗!? 脱出万国」、そしてルフィ、ゾロ、キャロット、クザン、イチジの中から1人を選んでワノ国を舞台に戦い、最後にドレークとのボス戦を体験できる「上陸! 侍の国の冒険」の2ステージ。どちらかを選択しての試遊となる。

 せっかくなので、おそらく上級者向けであろう「上陸! 侍の国の冒険」を選択。適当にボタンを押すだけで何百人もの敵キャラを一気に蹴散らす「無双」シリーズならではの爽快感が堪能できたし、ジャンプとチャージ攻撃、さらにはパーダッシュなどを組み合わせれば、大勢の敵キャラを跳ね上げる「打ち上げ攻撃」もすぐに実行可能。まさしく「無双」シリーズの爽快感が堪能できるゲームである。

ワノ国を舞台にした「上陸! 侍の国の冒険」。わらわらと出てくる侍たちを蹴散らしていくステージだ
ワノ国を舞台にした「上陸! 侍の国の冒険」。わらわらと出てくる侍たちを蹴散らしていくステージだ
若い人たちから年配の方たちまで、幅広いユーザーが試遊台を楽しんでいた。さすがは国民的コミックのゲーム化作品だ
若い人たちから年配の方たちまで、幅広いユーザーが試遊台を楽しんでいた。さすがは国民的コミックのゲーム化作品だ

 残念ながら時間切れとなり、最後の大ボス・ドレークを倒すことはできなかったが、2000を超す敵キャラをなぎ倒すことには成功。ワンピースのキャラクターならではのアクションと「無双」シリーズの相性の良さを実感することができた15分間となった。

こちらはチュートリアルが用意された「作戦失敗!? 脱出万国」のプレー中の様子。ビック・マムとのボス戦が待っている
こちらはチュートリアルが用意された「作戦失敗!? 脱出万国」のプレー中の様子。ビック・マムとのボス戦が待っている
ブース内には等身大のルフィのフィギュアが立っている。その周辺は、記念撮影のために大混雑だった
ブース内には等身大のルフィのフィギュアが立っている。その周辺は、記念撮影のために大混雑だった