人気コミック・アニメを原作としたゲームが目立つバンダイナムコブースの中で、ひときわ異彩を放っていた探索アクションRPG『CODEVIEN』。15分の体験プレーから見えてきたのは、吸血鬼として敵を倒し、その血を啜ることで人間性を保ちながら真実を求めて探索するというダークな世界観だった。

 バンダイナムコエンターテインメントブースの一押しタイトルは、ダークな空気が漂う探索アクションRPG『COCEVIEN』(PlayStation4・XboxOne・STEAM/2019年9月26日発売/通常版8200円)。ブース全体の3分の1にあたる16台もの試遊台が割り当てられたことからも、このタイトルに対するバンダイナムコの期待度の高さがうかがえる。

 ゲームの舞台となるのは、文明が崩壊した後の世界。人類の名残として様々な建造物が墓標のように佇むダンジョンを、プレイヤーは人としての記憶を失った吸血鬼-レヴナント-となり、吸血鬼の仲間とともにダンジョンをさまよう堕鬼-ロスト-たちを倒し、真実を求めて探索を続けることになる。

 基本的には「死んで覚える」タイプのゲームであり、よくあるタイプのアクション系探索ゲームの王道ともいえるが、最大のポイントは、主人公が吸血鬼-レヴナント-であること。人としての記憶の大半を失っており、わずかに残る人間性を保つためには血を吸わなければならない宿命を持つことだ。このため、そこから生まれる人間ドラマと、しっかりとしたストーリー設定が垣間見えてくる。

 さらにはダンジョンをさまよっている堕鬼-ロスト-を倒すだけでなく、その血を吸血する必要に迫られ、他の同種のアクションゲームとは違い、「攻撃と吸血のコンボ技」といった特殊なアクションが要求されるゲームになっているのも特徴のひとつだろう。

他タイトルをはるかに超える16台もの試遊台が用意されたが、ビジネスディ初日の昼頃には、すでに長蛇の列が作られた
他タイトルをはるかに超える16台もの試遊台が用意されたが、ビジネスディ初日の昼頃には、すでに長蛇の列が作られた