バンダイナムコブースは、『ドラゴンボールZ』『ONE PEACE』『ガンダム』など、おなじみの定番ブランドのゲームが今年も健在。そこに探索アクションRPG『CODEVEIN』『ソードアートオンライン』などの本格派ゲームもそろい、ブースは多様なファンたちの熱気に包まれた。

 お子様、女性、そしてファミリー層を中心に幅広いユーザーを楽しませるラインナップを、毎年のように用意してきたバンダイナムコエンターテインメントブース。今年はそれらの安心・安定の定番ブランドに加え、挑戦的な意欲作を同じような熱量で出展。きわめてバランスのいい構成になっていた。

ゲームショウ初日から、大勢の来場者で熱気むんむんのバンダイナムコブース
ゲームショウ初日から、大勢の来場者で熱気むんむんのバンダイナムコブース

 まずは定番ブランドから紹介しよう。最大の注目は孫悟空(カカロット)を体験できるアクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』(PlayStation4・XboxOne/2020年初頭発売予定/価格未定)。これまで描き切れなかったTVアニメの細かいシーンまで再現したファン垂涎のゲームだ。

 さらには国民的人気コミックと「無双」シリーズがコラボした『ONE PIECE 海賊無双』(PlayStation4・Nintendo Switch・XboxOne/2020年発売予定/価格未定)、定番中の定番ソフト『SDガンダム ジージェネレーションズ クロスレイズ』(PlayStation4・Nintendo Switch・STEAM/2019年11月28日発売予定/通常版8200円・プレミアムGサウンドエディション1万2000円)も用意された。これらの3タイトルが中心となり、ブース内には多くの試遊台が並べられ、原作ファンを中心に多くの注目を集めた。

『ドラゴンボールZ KAKAROT』。孫悟空(カカロット)を操作して、美麗グラフィックで再現された「ドラゴンボール」世界を堪能できる
『ドラゴンボールZ KAKAROT』。孫悟空(カカロット)を操作して、美麗グラフィックで再現された「ドラゴンボール」世界を堪能できる
『ONE PIECE 海賊無双』。国民的コミック「OnePiece」と無双シリーズがコラボした豪快なアクションゲーム
『ONE PIECE 海賊無双』。国民的コミック「OnePiece」と無双シリーズがコラボした豪快なアクションゲーム
『SDガンダム ジージェネレーションズ クロスレイズ』。「ジージェネレーション」シリーズ最新作。原作で描かれた戦いの物語を追体験可能
『SDガンダム ジージェネレーションズ クロスレイズ』。「ジージェネレーション」シリーズ最新作。原作で描かれた戦いの物語を追体験可能