来年3月19日に発売予定の『PCエンジンmini』が、ほぼ完成された状態で東京ゲームショウ2019会場についに登場。レトロゲームファンなら歓喜せずにはいられない、本機のプレイインプレッションを早速お伝えしよう。

 今年の7月にコナミデジタルエンタテインメントが発売を決定したと発表するやいなや、レトロゲームファンの間で大きな話題となった『PCエンジンmini』。本機は、1987年にNECホームエレクトロニクスから発売された家庭用ゲーム機、『PCエンジン』用ソフトとして発売された58種類のゲームを収録したもの。価格は1万500円(税抜)で、来年3月19日に発売が予定されている。

『PCエンジンmini』の試遊台コーナー
『PCエンジンmini』の試遊台コーナー
元祖『PCエンジン』よりひと回り小さい、手のひらサイズにデザインされた『PCエンジンmini』の本体
元祖『PCエンジン』よりひと回り小さい、手のひらサイズにデザインされた『PCエンジンmini』の本体
コントローラーは、元祖『PCエンジン』のものとサイズ、仕様はまったく同じだ
コントローラーは、元祖『PCエンジン』のものとサイズ、仕様はまったく同じだ