『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は、カプコンが現在開発中のゲームだ。PlayStation 4やXbox One、PC(Steam)で発売が予定されている。東京ゲームショウ2019の会場でいち早く体験した

 カプコンは「バイオハザード」シリーズの世界観の中で描かれる「非対称対戦サバイバルホラー」ゲーム『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』を、東京ゲームショウ2019に出展している。現在開発中で発売日は未定。先日発表されたばかりのゲームだが、東京ゲームショウ2019のカプコンブースでは早速試遊できる。

 『プロジェクト レジスタンス』の対応機種はPlayStation 4とXbox One、PC(Steam)での発売を予定し、現在「バイオハザードアンバサダー」会員向けに、クローズドベータテストのプレーヤーを募集している。

『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は、現在開発中の「非対称対戦サバイバルホラー」ゲーム。PlayStation 4とXbox One、PC(Steam)で発売が予定される(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は、現在開発中の「非対称対戦サバイバルホラー」ゲーム。PlayStation 4とXbox One、PC(Steam)で発売が予定される(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ボスとプレーヤーに分かれて対戦

 カプコンは『プロジェクト レジスタンス』のゲームジャンルを、「非対称対戦サバイバルホラー」と提唱している。罠を張り巡らせる「マスターマインド」と呼ばれるボス役を一人と、それに立ち向かう「サバイバー」と呼ぶプレーヤーに分かれ、マスターマインドはサバイバーを妨害し、サバイバーは制限時間内の生還を目指す。

 東京ゲームショウ2019のカプコンブースではマスターマインドとサバイバーの両方の試遊台を設置しており、どちらも体験できる。今回はサバイバーで試遊した。

東京ゲームショウ2019の会場では、『プロジェクト レジスタンス』をマルチプレーで試遊できる(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
東京ゲームショウ2019の会場では、『プロジェクト レジスタンス』をマルチプレーで試遊できる(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.