東京ゲームショウ2019のカプコンブースでは、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の試遊台を多数設置している。ビジネスデイ1日目に、試遊台で狩猟を体験した。

 東京ゲームショウ2019のカプコンブースでは、「モンスターハンター」の最新作『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を大々的に展示している。巨大模型が鎮座する展示ブースには、シングルプレーとマルチプレーの両方の試遊台が数多く設置されており、人気を博していた。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は『モンスターハンター:ワールド』の拡張コンテンツ。「渡りの凍て地」と呼ばれる寒冷地が物語の舞台。(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は『モンスターハンター:ワールド』の拡張コンテンツ。「渡りの凍て地」と呼ばれる寒冷地が物語の舞台。(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
東京ゲームショウ2019のカプコンブースには、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場する「ラージャン」と呼ぶ巨大モンスターの模型を展示している
東京ゲームショウ2019のカプコンブースには、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場する「ラージャン」と呼ぶ巨大モンスターの模型を展示している

 「モンスターハンター」シリーズは、2004年にPlayStation 2で第1作が発売された。雄大な自然の中で巨大なモンスターを狩猟する。「友達と協力して巨大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミニケーションスタイルを確立し、カプコンによると「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしたとしている。

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』はその最新作となる『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツだ。新たなクエストランク、アクション、フィールド、モンスター、武器防具を追加し、『モンスターハンター:ワールド』のエンディングから始まる更なるストーリーを体験できるとしている。調査団の新たな任務は「渡りの凍て地」と呼ばれる寒冷地の調査としており、前人未踏の地でまだ見ぬ環境生物やモンスターの生態を調べることがゲームの大きな目的となる。

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、PlayStation 4版が先日2019年9月6日に発売されたばかり。PC版はオンラインゲーム販売サイト「Steam」を介して2020年1月の発売を予定している。『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は拡張コンテンツという扱いで、プレイするには『モンスターハンター:ワールド』が別途必要となる。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』はPlayStation 4版が先日発売されたばかり。今後はPC版の発売が予定される。(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』はPlayStation 4版が先日発売されたばかり。今後はPC版の発売が予定される。(C)CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.