カプコンブースは人気アクション『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場するモンスター「冰龍イヴェルカーナ」の巨大模型が目印だ。新タイトル『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』や『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』を中心に展示している。

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、「モンスターハンター」シリーズの最新作、『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツ。新たなクエストランク、アクション、フィールド、モンスター、武器防具を追加している。『モンスターハンター:ワールド』のエンディングから始まる更なるストーリーを体験できる。PlayStation4版は先日発売されたばかり。PC版はオンラインゲーム販売サイト「Steam」を介して2020年1月の発売を予定している。カプコンブースに設置されている試遊台は難易度によっていくつかのクエストを自分で選択でき、プレーヤーの力量に合わせて楽しめる。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場するモンスター「冰龍イヴェルカーナ」の巨大模型を正面に展示
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場するモンスター「冰龍イヴェルカーナ」の巨大模型を正面に展示
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場するハンターのコスプレーヤーもブースで出迎えてくれる
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場するハンターのコスプレーヤーもブースで出迎えてくれる

集団協力が必要なホラーゲームを展示

 『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は、人気ホラーゲームのバイオハザードシリーズの世界観をオンライン化した現在開発中のタイトル。ワナを張り巡らせる「マスターマインド」と呼ばれる悪役に対し、「サバイバー」と呼ぶプレーヤーが立ち向かう。サバイバーが各プレーヤーと協力し、生還を目指す。ゲームジャンルを「非対称対戦サバイバルホラー」としている。対応機種はPlayStation4とXbox One、PC(Steam)を予定している。現在、「バイオハザードアンバサダー」会員向けに、クローズドベータテストのプレーヤーを募集している。

『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は発売時期は未定ながら、東京ゲームショウ2019ではいち早く試遊できる
『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』は発売時期は未定ながら、東京ゲームショウ2019ではいち早く試遊できる

ロックマンシリーズの過去作品を一気に楽しめる

 「ロックマン」シリーズは、80年代から続く同社の看板タイトルの1つ。ブースで展示している『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』は、02年から07年にかけて発売された「ロックマン ゼロ」シリーズと「ロックマン ゼクス」シリーズの合計6タイトルをまとめたパッケージ製品だ。対応ハードは、PlayStation4とXbox One、Nintendo Switch、PC(Steam)を予定しており、2020年1月23日に発売予定。

カプコンブースの裏側には『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の試遊台を8台設置。Nintendo Switch版を試遊できる。ブースの壁には各タイトルのイラストで装飾されていた
カプコンブースの裏側には『ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の試遊台を8台設置。Nintendo Switch版を試遊できる。ブースの壁には各タイトルのイラストで装飾されていた

モデルガンの試遊スペースも

 カプコンブースではほかに、「バイオハザード」シリーズとモデルガンメーカーの東京マルイがコラボしたシューティングレンジを設けている。画面に表示された標的に向け、モデルガンを発砲できる。

東京マルイのシューティングレンジは今年も健在。画面に標的が表示され、それをモデルガンで狙う
東京マルイのシューティングレンジは今年も健在。画面に標的が表示され、それをモデルガンで狙う
カプコンにちなんだグッズの展示や、『ストリートファイターⅤアーケードエディション』の映像展示もある
カプコンにちなんだグッズの展示や、『ストリートファイターⅤアーケードエディション』の映像展示もある

(文・写真/田代祥吾)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト