セガゲームス/アトラスのブースのメインステージでは、会期中は連日、『龍が如く7 光と闇の行方』のステージイベントを開催している。名越稔洋総合監督ら開発スタッフが登壇し、実機プレーを交えつつその魅力を語った。

 「すまないな、イチ」。組長・荒川真澄はその言葉とともに、主人公である春日一番に向けて銃弾を放つ。意識を失った一番が目を覚ますと、そこはまったく知らない街、横浜・伊勢佐木異人町だった……。

 ステージイベントの冒頭で流れる映像では、『龍が如く7 光と闇の行方』の物語がこのように幕を開けること、その伊勢佐木異人町では3つの勢力がしのぎを削ることなどが語られた。

名越稔洋総合監督ら開発スタッフが登壇し『龍が如く7 光と闇の行方』の魅力を語った
名越稔洋総合監督ら開発スタッフが登壇し『龍が如く7 光と闇の行方』の魅力を語った
メインステージで開催されたステージイベントで新作の魅力について語る名越稔洋総合監督。ステージ終了後はフォトブースでの撮影などにも応じていた
メインステージで開催されたステージイベントで新作の魅力について語る名越稔洋総合監督。ステージ終了後はフォトブースでの撮影などにも応じていた

 2020年1月16日に発売が予定されている『龍が如く7』では、主人公や物語の舞台となる街が新しくなることは広く知られている。名越総合監督は、ビジネスデーで試遊に2時間待ちという状況が起こっていることに触れ、それだけ新作における変化がユーザーの興味の対象になっている証であり、試遊した人たちからさまざまな反応が返ってきていることがうれしいと語った。

主人公を演じる中谷一博氏。作中の春日一番と同じ髪型で登壇した
主人公を演じる中谷一博氏。作中の春日一番と同じ髪型で登壇した

 新作ではPerfumeなどのプロデュースで知られる田中ヤスタカさん、それに人気グループの湘南乃風がテーマソングを担当すること。堤真一さん、中井貴一さん、安田顕さんら豪華俳優陣が声の出演をしていると紹介した。中井さんは台本をすべて暗記していてまったく見ることなく収録に挑んでいたといったエピソードも披露された。

プロデューサーの阪本寛之氏、ディレクターの堀井亮祐氏。堀井氏が実機でプレーする映像を見ながら、堀井氏が解説する、というスタイルでステージは進んだが、この13日のステージでは、バトルで一番が負けてしまうというハプニングも
プロデューサーの阪本寛之氏、ディレクターの堀井亮祐氏。堀井氏が実機でプレーする映像を見ながら、堀井氏が解説する、というスタイルでステージは進んだが、この13日のステージでは、バトルで一番が負けてしまうというハプニングも

 続いて主人公の春日一番を演じた中谷一博氏、プロデューサーの阪本寛之氏、ディレクターの堀井亮佑氏が登壇。実機のプレーを通して新作における大きな変更点である舞台となる横浜・伊勢佐木異人町や、バトルシステム「リアルタイムRPGバトル」などについて語られた。

この日のステージでは、本作に登場する3人の助演女優、鎌滝えりさん、沢すみれさん、柳いろはさんも登壇。それぞれが作中でどのような役割を担うのかを発表した。写真は左から順に沢さん、鎌滝さん、柳さん
この日のステージでは、本作に登場する3人の助演女優、鎌滝えりさん、沢すみれさん、柳いろはさんも登壇。それぞれが作中でどのような役割を担うのかを発表した。写真は左から順に沢さん、鎌滝さん、柳さん

 このステージイベントを通じて感じられたのは、シリーズとしての魅力を押さえつつ、随所に開発スタッフの新たな挑戦が見られるという点。次作もまた大きなヒットにつながりそうだという期待を感じさせた。

他人の罪を被ったあげく、人生のどん底にたたき落とされた春日一番が、過去の因縁と、そこに隠された真相を究明すべく戦う様が描かれている
他人の罪を被ったあげく、人生のどん底にたたき落とされた春日一番が、過去の因縁と、そこに隠された真相を究明すべく戦う様が描かれている

 なお、この『龍が如く7 光と闇の行方』のステージイベントは最終日15日も13時30分からの開催が予定されている。

従来のシリーズ作品から大0聞く変わった点のひとつ、新バトルシステムの「リアルタイムRPGバトル」。『龍が如く』ならではのド派手な喧嘩バトルをコマンド選択式で行うことができる
従来のシリーズ作品から大0聞く変わった点のひとつ、新バトルシステムの「リアルタイムRPGバトル」。『龍が如く』ならではのド派手な喧嘩バトルをコマンド選択式で行うことができる

(文・写真/稲垣宗彦=スタジオベントスタッフ、写真提供=セガゲームス)

関連リンク
東京ゲームショウ2019特設サイト
東京ゲームショウ2019公式サイト