ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースで行われた『DEATH STRANDING』の小島秀夫監督によるセッションに、歌手の三浦大知さんが登壇した。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースで行われた『DEATH STRANDING』(発売元:SIE)の小島秀夫監督によるセッションに、歌手の三浦大知さんが登壇した。三浦さんはゲーム内にも「ミュージシャン」のキャラクターで登場しており、その映像も公開された。

三浦さんはセッションの後半にサプライズ登場して、集まったゲームファンを沸かせた
三浦さんはセッションの後半にサプライズ登場して、集まったゲームファンを沸かせた

 三浦さんはもともと小島監督が生み出すゲームのファンだという。「(1998年にPlayStationなど向けソフトの)『メタルギアソリッド』が発売された当時、僕は小学生で、Folderとして活動していた。メタルギアがどうしても欲しくて『レコーディング頑張るから買って!』とマネージャーさんに頼んだ覚えがあります」と子供時代の思い出を振り返った。

小島監督と三浦さん。2018年の雑誌の対談がきっかけで、ゲーム世界への三浦さんの登場が決まったという
小島監督と三浦さん。2018年の雑誌の対談がきっかけで、ゲーム世界への三浦さんの登場が決まったという

 『DEATH STRANDING』に登場する「ミュージシャン」は、ゲームにサブストーリーを派生させる役割を担う。三浦さん本人の顔を撮影し、別に用意した動きと声を組み合わせたキャラクターだという。小島監督は「ミュージシャンは(プレーヤーのキャラクターと)仲良くなると、『CDを1箱運んでほしい』などと頼んでくる。(今回のゲーム世界にはアイテムや装備にも重さの概念があり)1箱50kgもの重さがあるのに」と冗談まじりにキャラクターを紹介した。

小島監督によれば、ミュージシャンは無茶ぶりをするキャラらしい
小島監督によれば、ミュージシャンは無茶ぶりをするキャラらしい