コロナ禍によって消費者の価値観は大きく変化。シニア世代がメルカリや動画配信サービスを日常的に利用したり、若い世代が価格よりもサステナブルな価値観に共感して商品を選ぶなど、新しい消費行動が生まれている。「リベンジ消費」は起こる? 移動販売や自販機など、コロナ禍で存在感を増した販売形態は消費行動をどう変える? 2022年の「新しい買い方」を探る。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全12ページ)

●リベンジ消費は期待薄、22年は“新しい生活消費”への適応必須

●セレンディピティー消費生む三井不動産 移動販売で衝動買い誘発

●22年、シニア消費はこうなる オートミールと冷食が売れた理由

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。