コロナ禍で失われた顧客との接点を作るアプローチの1つとして再び注目を集めているのが、ファンコミュニティーサイトだ。顧客向けコミュニティーサイトが最初に相次いで立ち上がったのが2013年。以来、リニューアルや撤退、SNSへの転換を図る企業もある中、同種のサイトに求められる役割はどのように変わってきたのか。具体的事例から、各社が描く理想のコミュニティ-サイトの在り方を探る。(記事の末尾からパワーポイントファイルのダウンロードが可能です)

(元の記事は → こちら

スライドの内容(全6ページ)

●そごう・西武も開始 SNSよりファン・コミュニティー・サイトの理由

●エフエム東京はリスナーを可視化 SNSにはないコメントがたまる価値

●6年目の老舗、カゴメに学ぶファンサイト運営術 SNSとどう分ける

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する